シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『るろ剣』が前作興収比148%でトップ!『ゴジラ』2位、『マーニー』は5位に!【映画週末興行成績】

『るろ剣』が前作興収比148%でトップ!『ゴジラ』2位、『マーニー』は5位に!
『るろうに剣心』続編が大ヒットスタート! 来週は『トランスフォーマー』『ドラえもん』が公開! - (C) 和月伸宏 / 集英社 (C) 2014「るろうに剣心 京都大火 / 伝説の最期」製作委員会

 興行通信社が4日に発表した土日2日間(2日~3日)の全国映画動員ランキングでは、人気コミックを佐藤健主演で実写映画化した大ヒット作の続編『るろうに剣心 京都大火編』が初登場で1位を獲得した。

 全国438スクリーンで公開された同作は、動員43万3,346人、興行収入は5億9,223万6,400円を記録。2012年に公開された前作(最終興収30億1,000万円)の初日2日間の興収は3億9,953万400円で、週末2日間の興収比は148%という大幅増となった。

 公開初日の金曜日は映画サービスデーとも重なり、平日にもかかわらず動員を伸ばした。さらに、客層も10代女子のグループから家族連れまで幅広く集客。興収に占めるローカルの比率は73%を超えるなど、都心部以外でも高いシェアをたたき出した。初日を合わせた3日間興収は8億円を突破している。

 2位以下には初登場作品はなし。先週、首位デビューを飾った『GODZILLA ゴジラ』は2位にランクダウンしたが、動員22万7,594人、興収3億4,338万3,000円を記録するなど、落ちの少ない興行を展開。3日の時点で早くも累計動員107万6,939人、累計興収15億5,730万500円を突破している。

 3週目に入った『ポケモン・ザ・ムービー XY/破壊の繭とディアンシー』は4位で、累計動員137万7,794人、累計興収14億6,952万3,700円で、前週動員比84.3%。5位の『思い出のマーニー』は動員13万6,262人、興収1億8,271万4,800円と前週動員比83.1%を記録。累計動員125万人、また累計興収15億円を突破。両作品とも夏休み映画としての勢いをまだまだ見せつけている。また、公開5週目の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は今週も10位をキープし累計動員100万人を突破した。

 今週末は『STAND BY ME ドラえもん』『トランスフォーマー/ロストエイジ』『宇宙兄弟#0(ナンバーゼロ)』などが公開予定、既公開作品も含めて激戦が予想される。(文中の数字は興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2014年8月2日~8月3日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(NEW)『るろうに剣心 京都大火編』:1週目
2(1)『GODZILLA ゴジラ』:2週目
3(2)『マレフィセント』:5週目
4(3)『ポケモン・ザ・ムービー XY/破壊の繭とディアンシー』:3週目
5(4)『思い出のマーニー』:3週目
6(6)『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』:3週目
7(7)『好きっていいなよ。』:4週目
8(5)『エイトレンジャー2』:2週目
9(8)『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』:3週目
10(10)『オール・ユー・ニード・イズ・キル』:5週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 5日
  5. 『るろ剣』が前作興収比148%でトップ!『ゴジラ』2位、『マーニー』は5位に!