シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

海老蔵、女子高生の「サイテー」に色悪伝わったと満足顔

海老蔵、女子高生の「サイテー」に色悪伝わったと満足顔
三池崇史監督&市川海老蔵&柴咲コウ

 有名な歌舞伎狂言「東海道四谷怪談」を題材にした映画『喰女−クイメ−』の公開を記念して12日、ビルボードライブ東京にて「三池崇史監督 presents 大人だけの空間」トークショーが行われ、企画・主演の市川海老蔵とヒロイン・柴咲コウ、三池監督が登壇した。

 「実は(本作の)反応を知りたくて、女子高生に観てもらったんだけど、一番多かった感想は『海老蔵、サイテー』だった」と切り出した三池監督。これに対して海老蔵は「あれは『海老蔵』じゃなく(役名の)『浩介』だからね。でも『あいつ、海老蔵じゃね?』って、役が自然に見えたのかも。それはそれで成功ですよね」と苦笑しつつ、歌舞伎でいう『色悪』(二枚目で性根は悪人の役)ぶりが観る側に伝わったと、まんざらでもなさそう。

市川海老蔵
和気あいあい!

 「で、柴咲さんは撮影中、よく寝ていました」と今度は柴咲に話をふった三池監督。「本番に備えて、冬眠していたんです」と答えた柴咲に、海老蔵は「確かに本番の集中はハンパないんだけど、お岩さんのメイクで冬眠されて、夜中1時、2時ともなると、いささか怖い。がくっとなって目が覚めて、お岩メイクだから片目が見えないのを忘れて、一瞬、慌てるんだよね。あの姿には、スタッフもみんな、癒やされていました」と爆笑の裏話を明かした。

 「こんな感じで、撮影を楽しむ人たちばっかりで良かった」と三池監督。「三池さんの作品は、ただ怖いだけじゃなく、人の思いが伝わってきて、悪や矛盾も美しいと思えてしまうんですよね」と柴咲が話すと、続けて海老蔵は「遊び好きの彼氏をお持ちの女性は、この前売り券を渡して、(本作を)見終わったときの表情に注意すると、彼のことがよくわかるかも」と笑いを誘いつつ、「三池さんも、歌舞伎座によくいらっしゃるんです。いつものサングラス姿だから、変な人がいるなあって、異様に目立ってね」とお返しに監督のプライベートも暴露していた。

 本作は、劇中劇「真四谷怪談」に出演する役者たちの現実が、いつしか「四谷怪談」の世界にオーバーラップしていく恐怖を描く。お岩を演じるスター女優・美雪(柴咲)の口添えで、伊右衛門役に抜てきされた浩介(海老蔵)だが、共演者と浮気し美雪を裏切ったことから、悪夢の幕が開く。(取材・岸田智)

映画『喰女−クイメ−』は8月23日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 16日
  5. 海老蔵、女子高生の「サイテー」に色悪伝わったと満足顔