シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

宮沢りえ、「見たことのない自分がいた」と久々の映画主演作に自信!

宮沢りえ、「見たことのない自分がいた」と久々の映画主演作に自信!
吉田大八監督、大島優子、宮沢りえ、小林聡美、角田光代(左から)

 女優の宮沢りえが21日、新宿のパークハイアット東京で行われた映画『紙の月』完成報告会見に出席し、主演映画としては約7年ぶりの撮影だった本作に充実の表情を見せた。この日は、共演の大島優子、小林聡美、原作者の角田光代、そして吉田大八監督も登壇した。

 角田光代による同名ベストセラー小説を原作に、平凡な主婦が起こした巨額横領事件を描き出した本作。宮沢にとっては久々の映画主演作になるが「いろんな作品に出演させていただいていた間にふつふつとたまったものを、この映画で本当に出し切ったという思いがあります」と切り出した宮沢は、さらに本作のオファーを受けたときのことを「衝撃的なシーンもありますし、台本を読んでも『すぐにやる!』という感じにはなれなかったですが、それでも吉田監督と仕事をしてみたい、見たことのない自分と出会いたいという気持ちで受けることにしました。案の定、画面には、本当に見たことのない自分がいて、衝撃でした」と述懐する。

紙の月
大先輩の宮沢と小林に大島は大いに刺激を受けたそう

 今回の映画化では、原作にはなかった銀行内部の描写をふくらませることで、サスペンスにさらに深みを与えている。この脚色について原作者の角田は、「今回はものすごい映画で度肝を抜かれました。すばらしい映画です。小説って言い訳を書きがちですが、この映画には個人の持つ正義が全く入っていない。それで作り上げたのがすごいし、それなのに観た後に爽快な気分になれる。わたしには書けないですね」と衝撃的な絶賛コメントで会場を沸かせ、さらに宮沢ふんする梨花についても「すごい迫力で本当に怖かったですね。どんどん悪くなっていくのと比例して、透明な美しさがある。素晴らしかったです」と称賛。それを聞いた宮沢は「正直、やったーという気分です」と笑顔を見せていた。

 一方、大島にとっては、本作がAKB48卒業後初の映画出演作。先輩女優たちとの共演を振り返り、「小林さんも宮沢さんも、監督からの的確なコメントを心の中に一度入れ、それをかみ砕いた上で次の芝居に取り組んでいく。こんな大先輩でもこうやって自分の中で(試行錯誤しながら)調理するんだと。わたしも素直にそうやっていいんだなと思いましたね。それを間近で見られていい経験になりましたし、光栄でした」と大いに刺激を受けたようだった。(取材・文:壬生智裕)

映画『紙の月』は11月15日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 21日
  5. 宮沢りえ、「見たことのない自分がいた」と久々の映画主演作に自信!