シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

黒木メイサ、今度は潜入捜査官!及川光博と金融サスペンスに挑戦!

黒木メイサ、今度は潜入捜査官!及川光博と金融サスペンスに挑戦!
及川光博と黒木メイサが対決!-WOWOW提供

 俳優の及川光博と黒木メイサが、11月に放送されるWOWOWの連続ドラマW「悪貨」でダブル主演を務めることがわかった。映画『ルパン三世』(8月30日公開)の峰不二子役が話題の黒木だが、本作では一転、経済犯罪を追う潜入捜査官にふんする。

 本作は、作家・島田雅彦による金融サスペンス小説の実写化。精巧なニセ札を流通させた疑いのかかる天才投資家・野々宮(及川)の存在を軸に、美しい潜入捜査官、ニセ札鑑定のスペシャリスト、謎のコミュニティー代表など、カネに支配される人間たちの姿を描きながら、人間の本質を浮かび上がらせていく。

 黒木は、警視庁捜査二課の捜査官・宮園エリカ役で出演。マネーロンダリング事件の捜査線上に野々宮が浮かんだことから、潜入捜査官として接触を図る役どころとなり、エリカについて「自分の思いと任務に挟まれ、葛藤する女性」と自ら分析。「個人の感情を潜入捜査に持ち込んではいけないのかもしれませんが、一人の女性として感情も生まれてしまうはず……難しい役になりそうです」と語っており、不二子とは全く違う表情を見ることができそうだ。

 一方の及川が演じる野々宮は、ニセ札の流通によって日本の破壊を企む男。悪役への挑戦に本人は「正直、ストレスの発散になりますね(笑)。心の奥底に押し込めた憎悪を解放する“キモチよさ”があります。あ、もちろん演技ですよ!?」とコメント。初共演になる黒木についても「僕の楽屋にあいさつに来てくれた彼女はとてもほがらかで、なんともまぶしい笑顔でした。冷たささえ感じさせる麗しい容姿とのギャップに、ちょっと萌えました」とすっかりお気に入りの様子だ。

 そんな二人について、原作者の島田は「ミッチーが好きな人は見知らぬ世界に踏み込む勇気のある人だ。メイサの行動が気になる人は危ない橋を渡りたい人だ。『悪貨』のヒーロー、ヒロインにこれほどうってつけの男と女がほかにいるだろうか?」と太鼓判を押している。(編集部・入倉功一)

連続ドラマW「悪貨」はWOWOWにて11月放送スタート


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 21日
  5. 黒木メイサ、今度は潜入捜査官!及川光博と金融サスペンスに挑戦!