シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

フランスの大女優ドヌーヴ、娘との共演作で母娘そろってベネチア入り!【第71回ベネチア国際映画祭】

フランスの大女優ドヌーヴ、娘との共演作で母娘そろってベネチア入り!
母娘そろってベネチア入り! - カトリーヌ・ドヌーヴと娘のキアラ・マストロヤンニ

 現地時間30日、第71回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品されている映画『トロワ・クール(原題) / 3 Coeurs』の公式会見が行われ、フランスを代表する大女優カトリーヌ・ドヌーヴをはじめ、シャルロット・ゲンズブール、ドヌーヴの実の娘であるキアラ・マストロヤンニ、ブノワ・ポールヴールド、監督のブノワ・ジャコーが出席した。

 ドヌーヴが、彼女の長年のパートナーであったマルチェロ・マストロヤンニとの娘であるキアラと母娘を演じるのは『愛のあしあと』(2011)以来2度目。娘との母娘役については「実の娘だし、とても自然に演技ができたわ。でもわたしと娘との関係は映画の中とは違うわね」とニッコリ。『シェルブールの雨傘』(1963)や『8人の女たち』(2002)など多くの映画に出演してきた大女優のドヌーヴに「料理のシーンがありましたが、実生活でも料理をするのですか?」という質問が飛ぶと、「わたしはいつも娘たちのために料理をしているし、料理をするのはとても好き」と意外な一面を明かした。

シャルロット・ゲンズブール、キアラ・マストロヤンニ、ブノワ・ジャコー、シャルロット・ゲンズブール
豪華な女優陣! - 左からシャルロット・ゲンズブール、キアラ・マストロヤンニ、ブノワ・ジャコー監督、シャルロット・ゲンズブール

 また、キアラと姉妹を演じたシャルロットも、ジェーン・バーキンとセルジュ・ゲンズブールの間に生まれたサラブレッド。キアラとの共演についてシャルロットは「キアラとは子供のころから知っている仲だったから、とても演じやすかったです」と話し、撮影を心から楽しんだよう。

 本作は、同じ男と恋に落ちた二人の姉妹の三角関係を描いた映画。オーストラリアの記者から「シャルロットが演じたシルヴィーはたった一晩で恋に落ちましたが、それってあり得るんですか?」という質問が出ると、シャルロットは笑いながら「ブノワはとってもかっこいいから一目ぼれしちゃうと思うけど、どうかしら?」と話し、ジャコー監督も「恋はいつの間にか落ちてしまうもの。一目ぼれだって、もちろんあると思いますが、それってフランス人だけなのでしょうか?」と恋愛大国といわれるフランスの監督らしいコメントで会場を沸かせた。(編集部・森田真帆)

第71回ベネチア国際映画祭は現地時間9月6日まで開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 1日
  5. フランスの大女優ドヌーヴ、娘との共演作で母娘そろってベネチア入り!