シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

佐藤健『るろ剣』完結に感無量!瞳潤ませ「飲みに行きたい!」

佐藤健『るろ剣』完結に感無量!瞳潤ませ「飲みに行きたい!」
瞳を潤ませる場面もあった佐藤健

 映画『るろうに剣心 伝説の最期編』の史上最速上映イベントが3日、都内で行われ、主演の佐藤健をはじめ、共演の武井咲、青木崇高、大友啓史監督が登壇した。佐藤たちは、5日前に完成したばかりという本編を、客席で600人のファンと共に鑑賞。上映後、スタンディングオベーションでたたえられると、佐藤は目を潤ませながら「この中で一番僕が感動しています! みんなと飲みに行きたい!」と興奮が抑えられない様子だった。

 本作でヒロインを務めた武井も、言葉を詰まらせながら「平常心でいられない……(剣心は)なぜここまで戦うの?」と演じる薫になったかのように吐露。「こんなに感慨深い気持ちになったのは初めて」と話す青木は、本作に関わった全ての人に向けて「大きな拍手を送ってください」と熱いメッセージを送るなど、全キャストが感無量の様子。大友監督もファンに向けて「上映前に観てくれた皆さんは大友組のスタッフです」と伝え、会場を沸かせた。

るろうに
武井咲も涙!

 またこの日は、原作者の和月伸宏から「少年漫画の実写映画化という原作者本人ですら思わず乾いた笑いが出てしまうような難物を、質も実もあるエンターテインメントに仕上げた監督、スタッフ、出演者の皆さまに大変感謝しています」とお礼のメッセージが届けられ、全員が安堵(あんど)の表情。

 その言葉に「剣心というキャラクターを生んでくれて感謝しています」と笑顔を見せた佐藤は「原作の魂をくんで、リスペクトを忘れずに、実写映画ならではの『るろうに剣心』を作りました」と述懐。さらに、「前編は準備運動、後編で本気を出した」というアクションについて「瞬きをしないで観てほしい」とアピールした。

 本作は、豪華キャストが集結し、圧倒的スケールと壮絶アクションで描く人気コミックの映画化第2弾の後編。“人斬り抜刀斎”こと緋村剣心(佐藤健)と宿敵・志々雄真実(藤原竜也)による生死を懸けた闘いを描く。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『るろうに剣心 伝説の最期編』は9月13日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 3日
  5. 佐藤健『るろ剣』完結に感無量!瞳潤ませ「飲みに行きたい!」