シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ベテラン俳優・大森南朋、若手女優の高畑充希から批判される?

ベテラン俳優・大森南朋、若手女優の高畑充希から批判される?
大森南朋と高畑充希

 俳優の大森南朋が11日、都内にて行われたウェブ映画『タイムスリップ!堀部安兵衛』完成披露試写会に、共演の神木隆之介、高畑充希と共に出席した。高畑から「大森さんに恋してもらう役なので、現場に行くまでビビッていた」とこれまで明かされなかった事実を聞かされた大森は「急にディスられた!」とドギマギし、会場を沸かせた。

 映画やテレビドラマが持つストーリーや世界観を活用してブランドの価値を伝える「ブランデッド・エンターテイメント」と呼ばれる手法を用いて三井不動産レジデンシャルが制作する本作は、CMでありながら映画でもあるという新感覚のエンターテインメント。大森は「CMということで話をいただいたのに、こんなに分厚い台本がくるとは……」と振り返るが、「僕はこれを映画だと思って撮影しました。ウェブだけではもったいない。カンヌとか行けないかな。僕らはそれを切に希望しています」とその場にいるであろう「偉い人」にアピール。

 キャスト陣も関係者と共に鑑賞すると、神木も「本当に映画を観ているみたい。というか映画として観ていました」と大興奮。「突拍子もない設定の話なんですけど、みんなが絶対面白いものにするぞという感じがあって、絶対参加したいと思った」という高畑も「映画館で観ると、討ち入りのシーンの迫力が違う」と想像以上の出来に目を丸くした。また、大森には「(相手役が)わたしで大丈夫かな?」という意味だったと説明し、批判疑惑を釈明した。

 吉良邸討ち入りの最中に現代にタイムスリップし、不動産会社の社員として働くことになった堀部安兵衛(大森)の姿をコメディー要素たっぷりに描いた本作。安兵衛を部下に持ってしまう若手社員を神木が、安兵衛が恋してしまう吉良上野介の末裔(まつえい)・裕子を高畑が演じるほか、滝藤賢一、石橋凌も出演。さらに、斉藤和義が主題歌を歌うなど映画さながらのクオリティーに仕上がっている。(取材・文:鶴見菜美子)

ウェブ映画『タイムスリップ!堀部安兵衛』は特設サイトにて9月11日18時より公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 11日
  5. ベテラン俳優・大森南朋、若手女優の高畑充希から批判される?