シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

中井貴一、井伊直弼の墓前で映画『柘榴坂の仇討』の大ヒットを願う!

中井貴一、井伊直弼の墓前で映画『柘榴坂の仇討』の大ヒットを願う!
時代劇の対しての思いを語った中井貴一(左)、若松節朗監督

 俳優の中井貴一が15日、世田谷の豪徳寺にある井伊直弼の墓前で映画『柘榴坂の仇討』の大ヒットを若松節朗監督とともに願った。この日、中井は時代劇離れが進む世の中に向けて「ぼくらには時代劇を守らなければいけないという使命がある。たくさんの方に観ていただきたい。時代劇を観ることを怖がらないで。逃げないで欲しい」と熱く胸中を吐露した。

 本作は『鉄道員(ぽっぽや)』『壬生義士伝』などの作家・浅田次郎の短編集「五郎治殿御始末」所収の一編を若松監督が映画化。主君(井伊直弼)を慕いあだうちのために13年もの歳月を費やした彦根藩士・志村金吾を演じた中井は「今日お墓参りが出来て、映画が完結したかなって」と安堵の表情を見せる。いつもは陽気な中井もこの日は厳かな雰囲気の中、住職の読み上げるお経などに神妙な面持ちで聞き入り、手を合わせていた。若松監督も「映画を撮る前に一度お参りしました。今日は皆さんが喜んでくださっているという感想を報告しました」と伝えた。

中井貴一&若松節朗監督
神妙な面持ちで井伊直弼の墓前で手を合わせていた

 また劇中、敵である水戸藩士の佐橋十兵衛を演じた阿部寛について中井は「共演して阿部さんの真面目さ、ストイックさ、かたくなさを知り、同世代としてスクリーンの中にいられることのありがたさを痛感することが出来た」と熱い思いを口にした。若松監督も「ひたむきに生きる男たちの話。中井、阿部でしか出来なかった。すばらしい」と本作に真摯な思いで挑んだ二人を絶賛した。

 安政7年、主君の大老・井伊直弼を桜田門外で暗殺された彦根藩士・志村金吾と、敵である佐橋十兵衛が、皮肉にも新政府によりあだ討ちが禁止となった13年後に刀を交えるまでを描く本作。ほかの共演者に広末涼子、中村吉右衛門、吉田栄作、高嶋政宏らが顔をそろえ、人気アイドルグループKB48の木崎ゆりあが本格時代劇に初挑戦している。(福住佐知子)

映画『柘榴坂の仇討』は9月20日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 15日
  5. 中井貴一、井伊直弼の墓前で映画『柘榴坂の仇討』の大ヒットを願う!