シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『るろうに剣心』が初登場トップ!興収13億円突破の大ヒットスタート!【映画週末興行成績】

『るろうに剣心』が初登場トップ!興収13億円突破の大ヒットスタート!
『るろうに剣心』が歴史に残る大ヒットスタート! - (C) 和月伸宏/集英社 (C) 2014「るろうに剣心 伝説の最期」製作委員会

 興行通信社が16日に発表した、土日2日間(13日~14日)の全国映画動員ランキングでは、佐藤健主演の映画『るろうに剣心 伝説の最期編』が今年度ナンバーワンとなるオープニング成績で初登場1位を獲得した。

 本作は人気コミックを実写化した大ヒットシリーズの完結編。全国435スクリーン公開で71万7,958人を動員し、興行収入は9億1,947万9,200円を記録。実写の邦画作品が土日2日間で9億円を超えるのは、2010年の『THE LAST MESSAGE 海猿』以来4年ぶりとなる。初日を含めた3日間成績は、動員103万4,988人、興収13億840万500円で、早くも興収10億円を突破。さらに前作『るろうに剣心 京都大火編』も公開7週目にしてベストテン圏内をキープしており、こちらは興収50億円が間近だ。

 マーベル原作のアドベンチャー大作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は3位に初登場。全国595スクリーン公開で、動員17万6,233人、興収2億2,414万5,400円を記録した。世界的なヒットを支えているのが10代を中心とした層であることから、日本では初日3日間限定で「高校生以下500円均一キャンペーン」を実施。全国動員に対して、高校生以下では約30%の動員を達成した。

 また女性客を中心に幅広い年齢層が来場。都心の劇場では若いカップル、10代~20代の女性グループが目立ち、今までのマーベル作品と比べてもファン層が大きく広がった。配給元では最終興収について「10億円を超える見込み」としている。

 周防正行監督最新作『舞妓はレディ』は初登場5位。全国300スクリーン公開で、動員9万1,772人、興収1億1,015万8,500円を記録した。男女比は54対46。年齢別では30代~60代の大人層が90%を占めているという。また今週4位の『ルパン三世』が累計興収15億9,475万3,500円と興収15億円を突破。さらに6位の『ホットロード』が累計動員170万人、累計興収20億円を突破している。

 今週末は『猿の惑星:新世紀(ライジング)』『柘榴坂の仇討』などが公開予定。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2014年9月13日~14日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(NEW)『るろうに剣心 伝説の最期編』:1週目
2(1)『STAND BY ME ドラえもん』:6週目
3(NEW)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』:1週目
4(2)『ルパン三世』:3週目
5(NEW)『舞妓はレディ』:1週目
6(4)『ホットロード』:5週目
7(3)『るろうに剣心 京都大火編』:7週目
8(6)『LUCY/ルーシー』:3週目
9(5)『フライト・ゲーム』:2週目
10(9)『思い出のマーニー』:9週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『るろうに剣心 伝説の最期編』★壮絶な死闘の果て“最期”の先 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2014年9月19日 2時9分)
    作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/162934/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     原作未読ですが、“最期“が気になって鑑賞しました。 オリジナルだそうなので、映画ならでは、と言う楽しみもアリでしょう。   物憂げな剣心と迫力のアクション☆ 静と動が、いいあんばいで 怒涛のバトルシーンは、壮絶さの中にも、“痛み“がありましたね…… ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 17日
  5. 『るろうに剣心』が初登場トップ!興収13億円突破の大ヒットスタート!