シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

佐藤健『るろ剣』との別れに「さみしいです」

佐藤健『るろ剣』との別れに「さみしいです」
大ヒット御礼舞台あいさつに登壇し、胸いっぱいの表情を見せた佐藤健(左)、大友啓史

 俳優の佐藤健が23日、新宿ピカデリーで行われた映画『るろうに剣心 伝説の最期編』の大ヒット御礼舞台あいさつに大友啓史監督と登壇。シリーズ3部作の興行収入が100億円を突破するなどの大ヒットに「(周りから)おめでたがられるんです」と笑顔を見せる一方、長く演じた緋村剣心との別れに「さみしいです」と感慨深い表情も見せた。

 シリーズ3部作の興行収入が100億円を突破したほか、本作もロケットスタートを記録。周囲からの祝福に佐藤は「よくおめでたがられます」と嬉しそうに話し、「『おめでとう』と言われて素直に『ありがとう』と言える作品はないです。ありがたいです」と胸いっぱいの表情。

 その一方、俳優として次の作品へ進まなければならず、「いつまでも剣心剣心と言っていてはいけないし、逆に剣心を抜かないといけない。その作業が逆に大変だったりします」と脱・剣心に向けた苦労も吐露。その上で「俳優とかは置いて、(剣心が)人生としての師匠という存在であることには変わりないので、プライベートとかでも悩んだときには剣心だったらなんて言うんだろうと考えたり、僕の中で正解を導くための大きなひとつの指針になっています。(剣心に)『おつかれ』と言いたいし、幸せになって欲しいですね」と思いを語った。

佐藤健
剣心との別れに「さみしいです」と語った

 本作のイベントもこの舞台あいさつが最後となる予定で、締めのあいさつで佐藤は「さみしいです。この劇場の空気を持って帰ります」と手で空気を掴むしぐさをし、「ほかの作品と比べても明らかに特別で、一生のうちで出会えるか出会えないかの作品になったので、みなさんにとってもこの映画がそんな存在になったらいいなと願ったりしています」と観客に語り掛けた。

 同作は和月伸宏原作のコミックを、大友監督と佐藤主演で映画化したアクション大作の完結編。激動の幕末にその名をとどろかす伝説の人斬り・緋村剣心が大切な人と国を守るべく、日本征服をもくろむ志々雄真実一派との壮絶な死闘に挑む。この日佐藤は朝から全9回もの舞台あいさつを行い、トークでは師匠・比古清十郎を演じた福山雅治からの手紙が読み上げられたほか、劇中の”壁走り”の秘けつもレクチャーしていた。(中村好伸)

映画『るろうに剣心 伝説の最期編』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 24日
  5. 佐藤健『るろ剣』との別れに「さみしいです」