シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

関ジャニ∞大倉忠義、ドS演技で武井咲を攻めるも「心痛かった」

関ジャニ∞大倉忠義、ドS演技で武井咲を攻めるも「心痛かった」
左から武井咲、永山絢斗、上地雄輔

 関ジャニ∞の大倉忠義が22日、都内で行われた映画『クローバー』の完成披露試写会に武井咲、永山絢斗、夏菜、上地雄輔、古澤健監督と共に出席した。大倉は、劇中で武井にSっ気たっぷりの演技で迫るシーンについて「心が痛かった」と感想を述べた。

 本作は、稚野鳥子の人気コミックを実写化したラブロマンス。あるホテルで働く恋愛べたなOL鈴木沙耶(武井)と、女性経験豊富でどSな上司・柘植暁(大倉)が織り成す恋の行方を描く。

 劇中、「バカ!」と武井を突き放すシーンを客席に向かって再現して黄色い歓声を浴びるなど、映画さながらのSっぷりで会場を沸かせたこの日の大倉。しかし、撮影については「こんなかわいい方(武井)にね、暴言吐くわけですから、正直心が痛かったですよ」と心中を吐露。「演技中に(武井を)無視したりする場面もあるんですが、リハーサル中から無視しないといけない。(そうしていたら)、『嫌だ! もう別れてやる!』と(武井が)おかしくなったときがあって。これダメだな、撮りきれるかなと思ったけど、無事に終わってよかったです」と作品の完成にホッとした表情を見せた。

 その武井は、演技だとわかりながらも、大倉のSっぷりに我慢できないことがあったといい「もう、嫌いだな! と思いました」とコメント。「悲しかったですけど、柘植さんは優しさのある方でそれを知っているからこそ、(沙耶は)柘植さんのことを追いかけていくんだろうなと思いました」と自身が演じた沙耶の心理を分析していた。

 一方、あいさつ中に夏菜は「どちらかというとわたしもMではない」とどさくさまぎれにS派宣言。大倉の演技に「共感できる部分があった」と明かしたほか、司会を務めたTBSアナウンサーの出水麻衣は「わたしもSっ気がある」と告白しつつも「Sの彼氏もいいかも、わたしMっ気があるのかもと思った」と語るなど、Sっ気トークで会場を盛り上げていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『クローバー』は11月1日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 22日
  5. 関ジャニ∞大倉忠義、ドS演技で武井咲を攻めるも「心痛かった」