シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

庵野秀明、「僕にとっては作品が全て」エヴァシリーズに言及しない理由を明かす!【第27回東京国際映画祭】(1/2)

庵野秀明、「僕にとっては作品が全て」エヴァシリーズに言及しない理由を明かす!
東京国際映画祭で特集上映 - 庵野秀明監督

 10月23日から開催される第27回東京国際映画祭で、特集上映「庵野秀明の世界」として学生時代の自主制作作品から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』までの50作以上が一挙上映される庵野秀明監督が、30余年にわたるクリエイター人生を振り返り、『エヴァンゲリオン』シリーズについて言及しない理由も明かした。

 先日まで、庵野監督らの学生時代をモデルとした深夜ドラマ「アオイホノオ」が放送されていたことも記憶に新しいが、特集上映では、ドラマにも登場した自主制作アニメ「ことわざ辞典 へたな鉄砲も数うちゃあたる!」「じょうぶなタイヤ! SHADOタイヤ」や「ウルトラマン(2014年オリジナル再現版)」も含まれているほか、「ふしぎの海のナディア」「新世紀エヴァンゲリオン」といったテレビシリーズから、『ラブ&ポップ』『式日-SHIKI-JITSU-』といった実写映画、そして『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズまでを完全網羅。

庵野監督
どの作品も思い出深く

監督が振り返るここまでの道のり

 ラインナップに目を通し、「初めのころは紙にサインペンで直接描いていたんですよね、『ことわざ辞典 へたな鉄砲も数うちゃあたる!』とか……」と語りだした庵野監督は、「『超時空要塞マクロス』では、初めて東京の現場で仕事をさせてもらって、『風の谷のナウシカ』ではアニメーターで食っていけるという自信ができました。『王立宇宙軍 オネアミスの翼』は前にいた会社(ガイナックス)を作るきっかけになった作品で、若いころに仲間たちとこういった作品を作れたのも良かったし、『トップをねらえ!』では本格的な商業作品の監督をやらせてもらって、『ふしぎの海のナディア』で若いときにテレビシリーズをやれたのも良かったです」と作品一つ一つに特別な思い入れがあると述懐。続けて「あとは『新世紀エヴァンゲリオン』ですね。これは一から自分で企画して、あまり人に頼らず自分でやろうと思った作品。それから『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズは、自分で会社を作って自分のスタジオで始めたので、これも大きいです」と一気に振り返った。

 そしてあらためてラインナップ一覧をしみじみと眺めつつ、「こうやって眺めてみると、確かにいろいろ新しいことをやっていますね。面白いことやっていたなというのが、今の素直な気持ちです」と胸のうちを吐露。「でも、必ずしも自分で望んでやっているわけでもないんです。行き当たりばったりというか、流されてここに来ているというか。運がいいですね」とこれまでの道のりについて表し、「スタッフやキャスト、いろいろな人に恵まれているなと思います。自分一人ではこんなことはできないですから」と感謝の言葉を口にした。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 10月
  4. 6日
  5. 庵野秀明、「僕にとっては作品が全て」エヴァシリーズに言及しない理由を明かす!