シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

伊勢谷友介、韓国の日本に対するリスペクトを実感… 日韓合作映画に万感の思い

伊勢谷友介、韓国の日本に対するリスペクトを実感… 日韓合作映画に万感の思い
北乃きい、伊勢谷友介、キム・サンマン監督

 俳優の伊勢谷友介が11日、新宿ピカデリーで行われた日韓合作映画『ザ・テノール 真実の物語』の初日舞台あいさつに北乃きい、堀田眞三、キム・サンマン監督、そして同作のモデルとなった韓国人オペラ歌手、ベー・チェチョル氏、伊勢谷演じる主人公のモデルになった音楽プロデューサーの輪嶋東太郎氏と登壇した。

 本作は、実話を基に「アジア史上、最高のテノール」と称されるも、ガンで声を失った韓国の天才オペラ歌手と、彼を支え続ける日本人音楽プロデューサーの姿を描いたヒューマンドラマ。日韓両国でニュースやドキュメンタリー番組としても取り上げられ、多くの共感を呼んだ感動の物語だ。

 同作について「(輪嶋さんの)生き方や姿勢にものすごく影響を受けて、この映画をやらせていただきました」と語った伊勢谷は、「役者としてこういう難しい時期に韓国と日本をつなぐような作品に出られたことは、一人の人間としてもうれしいし、役者冥利(みょうり)に尽きると思いました」と万感の思いを明かす。

 先日、釜山国際映画祭に赴いた際には韓国の日本に対するリスペクトを肌で感じたといい、「僕自身、ニュースだけで伝わってくる話だとどうしても(日本を)嫌いな人も多いかと思っていたら、全然違いますね。僕らが生きている世界の中で国家間としてはたくさんの問題があったりするけど、個人としてはそんなことは関係ないんだってことを感じました」と語った。

 また、キャリア初の“茶髪”で、伊勢谷演じる沢田をサポートする新入社員役に挑んだ北乃は「この映画は愛と希望と絆が詰まった映画なので、皆さんの心に残る一本だと思っています。そうなればいいなと思っています」とコメント。ほかにチェチョル氏が生歌を披露して観客を感動させる一幕もあった。(中村好伸)

映画『ザ・テノール 真実の物語』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 10月
  4. 11日
  5. 伊勢谷友介、韓国の日本に対するリスペクトを実感… 日韓合作映画に万感の思い