シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ノーラン新作『インターステラー』最新映像!『2001年宇宙の旅』モノリスのような物体も

ノーラン新作『インターステラー』最新映像!『2001年宇宙の旅』モノリスのような物体も
必ず、帰ってくる。 - 映画『インターステラー』本ポスター - (c) 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

 クリストファー・ノーラン監督最新SF『インターステラー』の最新映像が公開され、『2001年宇宙の旅』(スタンリー・キューブリック監督)の“モノリス”のような物体が登場することが明らかになった。

 『インターステラー』は、世界的な飢饉(ききん)に陥った近未来を舞台に、居住可能な新たな惑星を探すという壮大なミッションを託され、子供たちを地球に残して宇宙に旅立つ主人公クーパー(マシュー・マコノヒー)の姿を描いた作品。ノーラン監督は「幼いころ、父と一緒に『2001年宇宙の旅』を観た。とても印象に残っている経験だ。本作では、同じようなスケールの作品をお届けしたいという野望があった」と明かしているが、予告編にも『2001年宇宙の旅』を思わせる“黒くて四角い物体”が歩き回るシーンが含まれている。

 そのほか、辺り一面白銀の氷の惑星、山脈のような波が迫る水の惑星など人知を超えた世界での冒険の様子を垣間見ることができる。「僕はCGの宇宙船はどうしても嫌だったんだ。わざわざロケ撮影をするなら、その景観に実際に置ける物を作らなきゃ」と言うノーラン監督は、実物大の宇宙船を制作した上で極寒地でロケを敢行。撮影の技術顧問として国際宇宙ステーションへ5回の飛行に携わった宇宙飛行士を招くなど、徹底的にリアルさを追求した映像の数々は圧巻だ。

 その一方で、キャストはマシューを筆頭にアン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ケイン、ケイシー・アフレック、エレン・バースティンら実力派をずらりとそろえているだけあって、本作は「必ず、帰ってくる。」と娘に誓った父親の、愛と絆を描く感動的なストーリーが軸となっている。ノーラン監督は「僕にとってこれは、父親であることの意味を描いた作品でもある。僕の製作プロセスにおいて、そういうアイデアを最優先にしているからこそ、宇宙の要素を楽しむものだけでなく、ストーリーのある映画になっていると思う」と期待をあおっている。(編集部・市川遥)

映画『インターステラー』は11月22日より新宿ピカデリー他にて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 10月
  4. 23日
  5. ノーラン新作『インターステラー』最新映像!『2001年宇宙の旅』モノリスのような物体も