シネマトゥデイ

『NARUTO』完結編はヒナタがヒロイン?主題歌ジャケットの意味深ビジュアルが公開

『NARUTO』完結編はヒナタがヒロイン?主題歌ジャケットの意味深ビジュアルが公開
映画の内容も、ヒロインの座も気になる! - 主題歌「星のうつわ」アニメ盤描き下ろしジャケットビジュアル

 11月10日発売の「週刊少年ジャンプ」50号で完結する岸本斉史の大ヒット漫画「NARUTO-ナルト-」のその先を描いた劇場版『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』の主題歌に、スキマスイッチの新曲「星のうつわ」が決定。今回のために描き下ろされたジャケットビジュアルが初披露された。

 原作者の岸本がキャラクターデザインおよびストーリー総監修を手掛けている本作では、月が異常接近し、隕石(いんせき)となって地上へと降り注ぐという危機に、うずまきナルトたちが立ち向かう“最後の物語”が展開する。ジャケットビジュアルには、幻想的な場所で短髪になった大人のナルトの後ろに日向ヒナタが付き添う姿が描かれており、今作ではこの二人が主軸になることを思わせる仕上がりとなっている。

 主題歌は11月1日より、全国の劇場で流れる予告編で披露される予定。廣部琢之プロデューサーはスキマスイッチの起用理由について、「誰も見たことのない成長した主人公うずまきナルトの心を表現するような、優しくて力強い大きな世界観の楽曲をお願いしました。月日が過ぎても耳にするだけで映画のシーンや登場人物の表情が鮮明によみがえる、そんな楽曲を作っていただいたと思います」と語っている。

 スキマスイッチの二人は楽曲の制作に当たり、「誰か一個人を愛するというよりはもう少し大きな“愛情”、人が人として伝えていきたいこと、命の連鎖、継承、そんな僕たちなりの“人間愛”を幅広い世代の人達に届けられたらと思います」(大橋卓弥)、「受け取るだけの側から受け取り伝える側、いつかは残す側へと移っていくナルトたちと、12年目の自分たちの気持ちを重ねて物語を楽しんでいます。僕たちの『星のうつわ』がこの壮大な物語のファイナルをそっと飾ってくれることを願っています」(常田真太郎)とコメント。また二人は今回、アフレコにも挑戦している。(編集部・井本早紀)

映画『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』は12月6日より全国公開
シングル「星のうつわ」は12月3日発売 特典DVD付初回生産限定盤は1,800円(税抜き価格)、アニメ盤・初回生産限定盤(NARUTO-ナルト-描き下ろしジャケット&デジパック仕様)は1,300円(税抜き価格)、通常盤は1,200円(税抜き価格)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク