シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

北野武、日本映画業界を痛烈批判「汚いことばかりやっている」【第27回東京国際映画祭】

北野武、日本映画業界を痛烈批判「汚いことばかりやっている」
日本映画業界を痛烈批判した北野武

 第27回東京国際映画祭で、第1回サムライ“SAMURAI”賞を受賞した北野武監督が25日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた受賞記念スペシャルトークイベントに出席。映画を学ぶ学生や若手の映画人と「日本映画の今と未来」を語り合う中で、自身がいまだアカデミー賞をとれない理由や、日本映画業界の現状について毒を交えて分析した。

 登壇するなり受賞について「日本で俺だけじゃないかな。漫才大賞もらって映画の賞もらって、前科までもらったの。光栄に思っております」と北野節全開であいさつした監督。賞については若手監督に向け、「招待されればそれだけで栄誉。いろんな映画祭でグランプリをとったとか騒いでいますが、それは審査員の方の感想であって、選ばれただけでいい」と持論を展開。

 それに絡めて米国アカデミー賞外国語映画賞の選考についても触れ、「アカデミー賞の日本代表というのは、日本のアカデミー賞で推薦された作品しかノミネートされない。自分の映画がアカデミー賞に推薦されたことは一回もありません」と切り出すと、推薦は大手数社の限られた作品に限定されていると指摘。

 「今までの推薦を調べてみてください。全部持ちまわり。今年はあそこ、次はどこ。アカデミー賞の会員が選んだなんて言っているけどアカデミー賞の会員なんかどこにもいない。そういう汚いことばかりやっているから日本映画がダメになる」と皮肉たっぷりで、「新聞社(メディア)もそれを声を上げて言わない。映画のCMをもらっているから、悪口が書けない。数人しか拍手してないのに『15分間スタンディングオベーション』とかね。そんなことを平気で書くからダメになる」と業界のタブーに堂々切り込んで会場を沸かせていた。

 「サムライ“SAMURAI”賞」は、比類なき感性で常に時代を切り開き続けている人の実績をたたえる本映画祭の新設賞。第1回となる今回は北野監督とティム・バートン監督が受賞した。(取材・文:名鹿祥史)

第27回東京国際映画祭は10月31日まで六本木ヒルズをメイン会場に都内各所にて開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 10月
  4. 25日
  5. 北野武、日本映画業界を痛烈批判「汚いことばかりやっている」