シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

水原希子が月9で信長の妹に「自分なりに考えた市を」

水原希子が月9で信長の妹に「自分なりに考えた市を」
信長の妹・市を演じる水原希子

 モデル・女優の水原希子がフジテレビの月9ドラマ「信長協奏曲」の第4話(11月3日)から、小栗旬ふんする織田信長の妹・市を演じることが明らかになった。水原が月9に出演するのは今年1月より放送された「失恋ショコラティエ」以来2度目、時代劇への出演は2013年放送のNHK大河ドラマ「八重の桜」以来となる。

 月刊漫画雑誌「ゲッサン」で連載中の同名漫画を原作にした本作は、どこにでもいそうな高校生・サブローがひょんなことから戦国時代にタイムスリップし、そこで出会った自分と顔のそっくりな織田信長に「病弱な自分に代わって、織田信長として生きてほしい」と頼まれたことから天下統一を目指すことになるさまを描いた物語。

 明るく天真爛漫(らんまん)な市を演じることになった水原は「わたしは歴史があまり詳しくないので、市という人物についても調べたりもしたんです。そうしたら、歴史で語られている市のキャラクターと原作(で描かれている市)とでは違っていて、ドラマではさらに変わるんです。ですから、今回は台本を読んで自分なりに考えた市を演じようと思いました」と意気込みをコメント。

 CMでの共演経験のある兄・信長役の小栗については「まだ、わたしは収録に入ったばかりで、今はまだあまりお話できていませんが、もう少ししたら収録以外でも“兄上!”って呼んでみたいなと思っています(笑)。でも、小栗さんがいらっしゃるだけで安心できます。『この人について行けば大丈夫』です」と大きな信頼を寄せた。

 フジテレビの村瀬健プロデューサーは「戦国随一の美女として名高い市は、歴史好きの間でも非常に人気のある人物です。水原さんは2014年の今、同世代女性からの支持が最も高い方だと思います。そんな水原さんに、450年前の戦国時代におそらくダントツの人気を誇っていたであろう市を演じてもらうことこそ、“新しい時代劇”を目指す『信長協奏曲』にふさわしいと思いました」と起用理由を明かしている。(編集部・中山雄一朗)

ドラマ「信長協奏曲」は毎週月曜よる9時、フジテレビ系にて放送中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 10月
  4. 24日
  5. 水原希子が月9で信長の妹に「自分なりに考えた市を」