シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

柳楽優弥、まゆ毛がつながっていることを指摘されトラウマに

柳楽優弥、まゆ毛がつながっていることを指摘されトラウマに
幼少期のトラウマを明かした柳楽優弥

 俳優の柳楽優弥が31日、都内で行われた映画『最後の命』の完成披露試写会に、矢野聖人、比留川游、松本准平監督と共に出席し、作品の内容にちなんで幼少期の衝撃的な思い出を語り合って、会場を沸かせた。

 本作は、芥川賞作家・中村文則の小説を原作に、幼少期に事件に巻き込まれたことから人生が狂ってしまった桂人(柳楽)と冴木(矢野)が、青年になり再会したときにもう一度事件が起きて、彼らの人生の秘密が明らかになっていくヒューマンサスペンス。

 『誰も知らない』ほか、近年は『クローズEXPLODE』や『闇金ウシジマくん Part2』などで精力的に活動している柳楽は、「心に影がある人物たちなので、和気あいあいという現場ではなく、暗かったですね。打ち上げになって『ああ、みんなと話したかったんだ』と打ち解けた感じ。でも内容を考えたらそうあるべきと、みんなが共有していた」と撮影を振り返った。舞台「身毒丸」で評価され、テレビドラマ「リーガルハイ」など注目作への出演が続く矢野も、「集中したいときは、僕も1人になりたいタイプで、壁と壁に挟まれた隙間に座って、足の間に頭を入れて役に入り込みます。監督が『どこに行っちゃった?』ってさがしにきてくれた」という。

 そんな撮影現場の雰囲気に、柳楽は「ただ比留川さんとのラブシーンは、暗い雰囲気の中、キスしなきゃいけないし、みんな見ているから、いっそう緊張でした」と本音をポロリ。矢野は「いや、うらやましい」とつっこみを入れていた。

 作品にちなんで「幼少期にトラウマになった経験は?」という質問に、柳楽は「僕は放っておくとまゆ毛がつながるんですけど、小さいころ、女の子に『まゆ毛、つながってるよ』って言われたのはショックだった」と回答。比留川は「幼稚園の煙突の中にいる赤鬼を見た」のがトラウマであると明かし、最後は監督自ら「小学1年生のころ、目が覚めたらベットの上に宇宙人がいた。すごく小さくて、細い繊維でできていた」と映画から離れた超常ネタで会場を盛り上げていた。(取材/岸田智)

映画『最後の命』は11月8日より新宿バルト9ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 10月
  4. 31日
  5. 柳楽優弥、まゆ毛がつながっていることを指摘されトラウマに