シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

第4回-震災映画は当たらないという定説を覆すスマッシュヒット『遺言 原発さえなければ』【映画で何ができるのか】(1/3)

第4回-震災映画は当たらないという定説を覆すスマッシュヒット『遺言 原発さえなければ』
映画のタイトルにもなった、故・菅野重清さんが堆肥小屋に書き残した「遺言」 - (c)NODA Masaya

震災映画が興行成績では苦戦する中でのヒット

 「震災映画は当たらない」東日本大震災後、数えきれないほどのフィクションやドキュメンタリー映画が製作されたが興行成績では苦戦を強いられてきたために、そんな定説が映画関係者の間でささやかれるようになった。【取材・文:中山治美】

 しかし今春、悪い風潮を吹き飛ばすかのようなスマッシュヒット作が生まれた。福島第一原発事故の影響に翻弄され続けている福島県・飯舘村の酪農家を追ったドキュメンタリー『遺言 原発さえなければ』だ。当初は東京・ポレポレ東中野で3月8日~14日の1週間限定公開。3時間45分の大作ゆえ、1日1回の上映で入場料金3,000円(当日券・一般)と異例の公開形態ながら、連日約200人が駆け付ける事態に。客席数110席の劇場には入りきれず、急遽、建物内の多目的スペースに第2会場を設営した。それでも収まりきらず、やむなくお帰り頂いた客もいたという。熱い波は地方公開が終わった今も続いており、毎月のように自主上映も行われている。目標1万人の観客動員も現実的になってきた。

 同劇場の大槻貴宏支配人が、公開を英断した理由を語る。
「基本的に震災がテーマであろうが、映画的に面白かったら上映します。ただ確かに、依頼が来た時に断りにくいテーマではあります。断る方の方便として『震災映画は当たらないから』という理由を使っているのではないか?」。

 ポレポレ東中野
2014年3月8日~14日の東京・ポレポレ東中野の公開は、座席数110席の劇場に、連日約200人が押しかけた。(オフィシャルFacebookより)

 同劇場の中植きさらは「震災前から原発問題を取材してきた情報量の多い監督たちが、原発事故直後から現地に入って積み重ねた取材量は圧倒的で、まさに震災映画の真打ち登場のような大作感があった。また、彼らがこれまでの取材や写真展などで培ってきたネットワークが観客動員につながったのではないかと思う」とヒットの要因を分析する。

フォトジャーナリストが作った異色の作品

 異色の作品である。大震災後、多くのドキュメンタリストがカメラ片手に被災地へと向かったが、本作を手掛けたのは共にフォトジャーナリストの豊田直巳と野田雅也。今やフォトジャーナリストもデジタルカメラを併用するのが常識で、写真は雑誌や新聞へ、動画はテレビ局のニュース番組などで活用されてきた。しかし震災から時間が経過するにつれ、ニュース番組内で扱われる機会は減少の一途。活路として見出したのが、「映画」だったのだ。豊田監督が語る。「ただ、ニュースの場合は報道に値するかどうかが重要だが、映画は客にお金を戴く以上、面白い作品になるか? 否か? が基準となる。自分では映画になるのか確信が持てなかったので、安岡さんに見てもらったんです」。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 10月
  4. 31日
  5. 第4回-震災映画は当たらないという定説を覆すスマッシュヒット『遺言 原発さえなければ』