シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

鈴木奈々、ドランク塚地に壁ドンされ悲鳴!

鈴木奈々、ドランク塚地に壁ドンされ悲鳴!
ドランク塚地に壁ドンされる鈴木奈々

 嵐の相葉雅紀主演の映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の女性限定試写会トークショーが10日、都内で行われ、相葉の友人役で本作に出演しているドランクドラゴンの塚地武雅と、先日結婚式を挙げて幸せオーラ全開のタレント・鈴木奈々が出席した。恋に奥手だという塚地に「壁ドン」コーナーが用意され、相手役を務めた鈴木が「壁ドンされるの初めて!」と悲鳴を上げながら嫌がるも、最後は「ドキッとした」とその威力を認める一幕があった。

 新婚ホヤホヤの鈴木は、「すごく感動して号泣しました。もっと旦那さんのことが大好きになる映画ですね」とのろけると、「クリスマスは旦那さんと一緒に観たい。『MIRACLE』を観て『ミラクルな夜』を巻き起こしたい!」といつもの夫婦の営みネタを絡ませながら映画をアピールした。

 一方、本作で相葉演じる主人公・光の友人で、恋に鈍感な男子・夢野を演じた塚地は、「僕自身は、超敏感男子。1時間経ってもメールの返信がなかったり、目を合わさずあいさつされたりすると、『あ、もう僕のこと嫌いなんだ』と深読みするタイプ。鈍感の方がマシですね」と分析。

 すると、そんな塚地を見かねた鈴木が、恋に積極的になってもらおうと「壁ドン」コーナーを用意。ところが自分で提案しておきながら、「壁ドン」初体験だという鈴木は「ヤダー!」を連発。そこにお笑い魂で乗っかる塚地は、「俺の壁ドンは、どんぶりのドンやで!」とおどけながらいざ本番。

 「俺の名字になれ!」と言いながら、ドヤ顔で壁を一発ドンとたたくと、意外にも鈴木は、「あれ? ぜんぜんタイプじゃないけど、ちょっとドキッとした」と放心顔。これに対して塚地は、「俺は超敏感男子を越えて、どんぶり男子ですね」と語り、会場の笑いを誘った。

 相葉をはじめ、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真ら豪華なキャストで話題の本作は、『100回泣くこと』などの原作者・中村航が山下達郎の「クリスマス・イブ」を基に執筆した小説を、『のぼうの城』などの犬童一心監督が映画化。クリスマスイブの夜、漫画家になる夢を持ち続ける主人公ら片思い中の4人の男女に起こる奇跡をファンタジックに描く。(取材:坂田正樹)

映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』は11月22日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 10日
  5. 鈴木奈々、ドランク塚地に壁ドンされ悲鳴!