シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

広末涼子、岡田将生に「リアルにイラッとした」と衝撃発言

広末涼子、岡田将生に「リアルにイラッとした」と衝撃発言
(左から)広末涼子、岡田将生

 女優の広末涼子が10日、都内で行われた映画『想いのこし』完成披露イベントに、岡田将生、巨勢竜也、松井愛莉、鹿賀丈史、平川雄一朗監督と共に出席した。広末は、金と女に目がないダフ屋を演じた岡田に、「リアルにイラッとした」と衝撃的な言葉を浴びせて、会場の笑いを誘った。

 本作は、女たらしでお金に目がないサイテーな男・ガジロウ(岡田)が、突然の交通事故をきっかけに、この世を去ってしまった男女4人の人生最期の“想い”を届けるために奔走する姿を描いた、温かく笑って、最後は涙が止まらない感動作。

 役柄をつくりこむため、普段から広末に嫌われようとしていたらしい岡田は、「本当に嫌われていないか、たまに心配になった」と胸中を吐露。そんな岡田に「(広末が劇中で演じる)ユウコの感情なんですけど、思いのほかリアルにイラッとした」と爆弾発言をする広末。広末にとっては、それほど岡田の芝居が上手いという褒め言葉であったようで、「岡田さんのどこから毒っ気というか、チャラい感じとか、ずるい感じとか、ワイルドな感じとかが出てくるのか想像がつかなかった。新境地なんじゃないかなぁ」と惜しみない称賛の言葉を贈っていた。

 また、巨勢と松井が慣れない撮影現場で監督からの厳しい指導を受けていたことを明かした広末。二人の全身全霊で撮影に向き合う姿に涙が出そうになりながらも、「どう応援したらいいんだろう」と陰ながら見守るしかなく、「お芝居嫌いになっちゃうんじゃないかな」と心配になったことを述懐した。そんな広末に「アドバイスをいただいたり、相談に乗っていただいた」と感謝を述べる松井。巨勢は「梅干しが好きって言ったら、ロケ弁に入っている梅干しをずっとくれて……。広末さんは本当のお母さんみたいに優しい存在」とあどけない笑顔を見せ、広末を喜ばせた。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『想いのこし』は11月22日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 10日
  5. 広末涼子、岡田将生に「リアルにイラッとした」と衝撃発言