シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ももいろクローバーZ、5人で駆け上がる女優への道!主演映画で背負うもの…

ももいろクローバーZ、5人で駆け上がる女優への道!主演映画で背負うもの…
「女優」として本格的に映画に挑むももいろクローバーZ - (C) 2015「幕が上がる」製作委員会

 5人組女性アイドルグループ・ももいろクローバーZ主演で、劇作家・平田オリザの同名小説を映画化する『幕が上がる』の静岡県内で行われた撮影が公開され、メンバーたちが本作に懸ける思いを語った。

 弱小演劇部の女子高生たちが、年に一度の大会突破を目指して青春を懸ける姿を、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が描き出す本作。この日は、ももクロふんする演劇部の面々が地区大会に挑む劇中でも重要なシーンの撮影が行われ、ロケ現場の客席には、県内外から参加した本物の高校生たちの姿も。そんな緊張の中にあってもメンバーたちは笑顔を絶やさず、多忙なスケジュールの合間を縫って続く撮影の疲れをみじんも感じさせない。

002
舞台シーンにも挑戦するももクロ (C) 2015「幕が上がる」製作委員会

 「わたしたちがライブの数時間に全てを懸けるように、映画はワンカットにすごく時間をかけていろんなものを詰め込み、それを重ね合わせていくもの」というリーダーの百田夏菜子は、「ひとつのものを作るのは一緒なんですけど、感覚がぜんぜん違くて。それを監督と何回もやりなおしながら突き詰めて、いいものにできるように頑張っています」と日々の活動との違いを実感している様子。玉井詩織も「見せるという部分では映画もアイドルも同じですが、映画はあるシーンを撮った後で(物語上では)その前のシーンを撮ったりするからすごく難しい。本当に、アイドルと女優さんは違うなって思いながら一生懸命やっています」と笑みを浮かべる。

 一度スタートの声がかかると、彼女たちの表情は真剣そのもの。ほとんどNGもなく撮影は進行し、「わたしたちはアイドルですが、今回はアイドルのイメージではなく、女優として一人一人を見てほしいです」という有安杏果の言葉通り、本作に懸けるメンバーの思いが相当なものであることが伝わってくる。

 高城れにも「わたしたちはアイドルでありつつ(所属は)女優事務所。一応、期待の新人女優なので……」と冗談めかしつつ、「この映画にわたしたちの未来が、それに、アイドルが女優をするっていうアイドル界における女優への道の全てがかかっていると思うんです。思っている以上に背負っているものは大きい。だからこの映画に全てを懸けて戦えたら良いなと思っています」と真剣なまなざし。常に全力のパフォーマンスでファンを魅了してきたももクロが、スクリーン上にどんな青春模様を描いてみせるのか。佐々木彩夏は「ステージでパフォーマンスをしているときとは違う、自然なわたしたちの表情を見ていただけるんじゃないかと思います」と語っている。(編集部・入倉功一)

映画『幕が上がる』は2015年2月28日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 18日
  5. ももいろクローバーZ、5人で駆け上がる女優への道!主演映画で背負うもの…