シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ベネディクト・カンバーバッチ、U2フォトボムの理由を説明

ベネディクト・カンバーバッチ、U2フォトボムの理由を説明
U2の後ろで必死にジャンプしているベネディクト・カンバーバッチ - 第86回アカデミー賞授賞式にて - 写真:ロイター/アフロ

 夜のトークショー「ザ・トゥナイト・ショー」に出演したベネディクト・カンバーバッチが、第86回アカデミー賞のレッドカーペットでU2にフォトボムした理由を説明した。

 フォトボム(photobomb)とは、誰かが写真を撮ろうとしているときに、後ろや横から写真に写り込もうとするイタズラのこと。

 大舞台でフォトボムした理由についてベネディクトは、「僕の友人ヘレンはU2の長年のファンなんだ。僕もファンだけど、彼女の場合、『U2の音楽はわたしの人生のサウンドトラックよ』という感じ。そんな彼女が『お願いだから一緒に写真を撮ってきて』と頼んできたんだ。レッドカーペットで彼らを見かけたとき、完璧なタイミングだと思ってやったんだよ」と司会のジミー・ファロンに説明している。

 番組では話題となっているキム・カーダシアンのお尻をネタにゲームも行われ、スタジオは大いに盛り上がったいう。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 20日
  5. ベネディクト・カンバーバッチ、U2フォトボムの理由を説明