シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックィーンが、ポール・ロブソンを題材にした映画を企画!

『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックィーンが、ポール・ロブソンを題材にした映画を企画!
ポール・ロブソンを題材にした新作を企画! - スティーヴ・マックィーン監督 - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 映画『それでも夜は明ける』で、黒人監督として初めてアカデミー賞作品賞を受賞したスティーヴ・マックィーンが、俳優、オペラ歌手、作家、公民権活動家のポール・ロブソンさんを題材にした映画を企画していることがGuardianによって明らかになった。

 これはスティーヴ監督が、アンドリュー・グッドマン・ファンデーションがニューヨークで開催した「ザ・ヒドゥン・アワーズ」の観客に明かしたもので「彼(ポール・ロブソン)の人生と伝説は、映画『Hunger/ハンガー』を製作した後、次に製作したかった。そのときは製作する力がなかった上、活力もなかった」と答えたが、その長年切望していた夢の企画がこのたび始動したようだ。

 ポールさんは、ニュージャージー州のプリンストンに生まれ、ラトガース大学でフットボール選手として名をはせた後、コロンビア大学法科大学院に入学し、卒業後法律事務所に入った。だが、人種差別により事務所を辞める。その後、ユージン・オニールの「皇帝ジョーンズ」などで舞台俳優として頭角を現し、ミュージカル「ショウ・ボート」、シェイクスピア劇「オセロ」などにも挑戦した。映画でも『ショウ・ボート』『キング・ソロモン』などに出演している。そして西欧や旧ソ連の旅行を通して、アメリカの黒人が人種分離された南部の州の状況に批判的になり、公民権運動に従事していく。ポールさんは1976年に脳梗塞のため77歳で亡くなっている。

 今のところ同作は企画の段階だが、歌手、俳優、社会活動家のハリー・ベラファンテが配役は未定だが出演することになっている。ポールさんは映画の題材としては非常に興味深く、スティーヴ監督がどのような手腕を発揮するか楽しみだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 23日
  5. 『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックィーンが、ポール・ロブソンを題材にした映画を企画!