シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ナイトライダー」ささき&野島コンビ、ナイト2000との対面に感激!

「ナイトライダー」ささき&野島コンビ、ナイト2000との対面に感激!
ささきいさおと野島昭生

 1980年代に人気を博した海外ドラマ「ナイトライダー」のブルーレイBOX発売記念イベントが26日、都内で行われ、主人公マイケル・ナイトと、相棒のスーパーカー「ナイト2000」に搭載された人工知能「K.I.T.T.」(キット)の吹き替えを担当した、ささきいさおと野島昭生が出席。ナイト2000のレプリカを前に、当時を振り返った。

 民間犯罪捜査員マイケルが、キットと共にさまざまな事件を解決する姿を描いた本作。この日は、吹き替えが存在しないエピソードを新規収録するため名コンビを復活させたささきと野島に加え、日本語吹き替え版の演出を担当した壷井正、海外ドラマ評論家の池田敏も出席。マイケルを意識した革のジャケットに身を包んだささきは、「こんなに間近で見るのは初めて」と感慨深げにナイト2000のレプリカを見つめ、マイケルさながらに車体に腰掛けてポーズを決めるなど、終始ご機嫌だった。

002
車内も完璧な完成度の「ナイト2000」レプリカ

 久々にオリジナルメンバーがそろった収録ついて壷井は、「(約)30年前と同じものがもう一度できるのか不安だった」とコメント。実際に収録が始まるとその不安は吹き飛んだといい、「30年前を昨日のことのように感じました。特にキット(野島)。30年ぶりに仕事をして、『はい、マイケル』って声をスタジオで聞いたときはすごかったですよ。総毛立つっていうの? うわあ、キットだ! 帰ってきた! って思った」としみじみ。

 一方の野島も同じ気持ちを抱えていたようで、「30年前のキットの高い声が出るか心配で。このくらいかなと家で練習しながらも不安だった」と告白。また、30年前のキットの役づくりについて「当時、コンピューターの声と言われても似たものがなく、暗中模索の作業だった。いろいろ試しながら今の形に落ちついた」と笑顔で振り返っていた。(取材・文:名鹿祥史)

「ナイトライダー コンプリート ブルーレイBOX」は11月27日発売 価格:5万8,000円+税


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 26日
  5. 「ナイトライダー」ささき&野島コンビ、ナイト2000との対面に感激!