シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

東出昌大、恋愛青春映画の名手・三木孝浩監督の胸キュン演出にビックリ!

東出昌大、恋愛青春映画の名手・三木孝浩監督の胸キュン演出にビックリ!
この二人、実は同じ誕生日なんです!東出昌大&吉沢亮 - 写真:杉映貴子

 咲坂伊緒の大人気コミックを映画化した『アオハライド』で、主人公・双葉(本田翼)の初恋の相手である洸を演じた東出昌大と、彼の親友・小湊にふんした吉沢亮が撮影の舞台裏を語った。

 累計発行部数が800万部を突破した大ベストセラー少女コミックが原作の本作は、中学時代の初恋の相手と高校2年生になって再会した男女のもどかしくも切ない恋と、二人を取り巻く仲間たちの友情を描いた青春ラブストーリー。事前に原作を読んだという二人だが、吉沢は「男でもキュンキュンするもんなんですね」と意外な感想を明かす。

 一方で、女子を胸キュンさせる洸のセリフに悩んだという東出は、「『俺の中に昔の俺探すなよ』とか、『おまえさ、俺のこと好きなの?』といったセリフをどう言えばいいのかわからなくて。でも本読みの時に監督に、『生きている人物として洸を演じてほしい』と言われ、原作を参考にしながらも、洸の心の傷や痛みを自分の体に染み込ませるつもりで演じました」と苦労を明かした。

 本作は、『僕等がいた』や『ホットロード』などみずみずしい恋愛青春映画を撮ることに定評のある三木孝浩が監督。東出は「双葉の頭を抱き寄せて、『おまえ、まだ始めてもいないじゃん』と言うシーンがあるんですが、監督が『優しく言うんじゃなくて、突き放したように言った方がキュンキュンするから』と実演してくれたんです。『監督、女子ですか?』と聞きたくなるぐらい、胸キュンのツボを知っていました(笑)」とその演出に驚きながらも「(その感覚は)天才だと思う」と絶賛。

 「見終わった後は本当にすがすがしい気持ちになれて、女性だけでなく、男性も楽しめる作品」(東出)、「誰と一緒に観るかによって、感じるものも変わってくる作品。いろんな人と観て楽しんでもらいたい」(吉沢)と本作の魅力を語る二人からは、作品への確かな自信が感じられた。(取材・文:前田かおり)

映画『アオハライド』は12月13日(土)より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 4日
  5. 東出昌大、恋愛青春映画の名手・三木孝浩監督の胸キュン演出にビックリ!