シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

乃木坂46生田&秋元&橋本、不仲説で観客を翻弄!

乃木坂46生田&秋元&橋本、不仲説で観客を翻弄!
してやったりの笑顔を浮かべた秋元真夏&生田絵梨花&橋本奈々未

 6日、映画『超能力研究部の3人』初日舞台あいさつがシネマート新宿で行われ、アイドルグループ乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未と山下敦弘監督が登壇した。

 「ぜんぶウソ。っていう、ホント。」というキャッチコピーがつく本作。フェイクと現実が入り混じる内容にちなみ、壇上では“ウソか本当か”のトークが展開。劇中、秋元と生田は互いにぶつかり合うシーンが多いが、秋元が「いくちゃん(生田)とは元から仲が悪かったので……」と言い出すと、場内がざわついた。

 真顔で発言する秋元に生田は「もう、そんなこと言うと、本気にしちゃうでしょ」と慌てて抱きつき「ウソですからね。本当は仲が良すぎて、言い合うシーンは難しかったんです」と訂正。しかし、橋本が「わたしも普段から二人とは仲が悪かったので……」と切り出すなど、翻弄(ほんろう)される客席に秋元や生田、橋本はしてやったりの笑顔を浮かべていた。

 そんな三人は映画初主演。山下監督は「最初はこちらに三人を引き込もうと思ったのですが、だんだん彼女たちの魅力に引き寄せられていった映画になりました」とアイドルとして活動している彼女たちの輝きに脱帽。さらに「お芝居を超えた感情が詰まった映画になっています」と自信を見せた。

 また、街中がクリスマスモードに突入していることに触れられると「メンバーとパーティーしたい」(秋元)、「限定という言葉に弱いので、クリスマスらしいものを食べたい」(生田)、「(秋元と生田と)3人でサンタのコスプレをして映画館に行きたい」(橋本)と、それぞれのクリスマスへの思いを語っていた。

 本作では、ウソのオーディションで主演に抜てきされた3人が、ウソと本当が交錯しながら進む作品に翻弄(ほんろう)されていく姿を描いている。(磯部正和)

映画『超能力研究部の3人』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 6日
  5. 乃木坂46生田&秋元&橋本、不仲説で観客を翻弄!