シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

Yahoo!が選ぶ“今年の顔”に羽生結弦!第1回Yahoo!検索大賞受賞でファンに感謝

Yahoo!が選ぶ“今年の顔”に羽生結弦!第1回Yahoo!検索大賞受賞でファンに感謝
第1回Yahoo!検索大賞を受賞した羽生結弦選手 - Matthew Stockman / Getty Images

 8日、都内にて今年検索数が最も上昇した人物・作品・製品を表彰する「Yahoo!検索大賞2014」の発表会が開催され、大賞に男子フィギュアスケーターの羽生結弦選手が輝いた。羽生選手は当日会場で流れたビデオメッセージで「ファンの方の応援があったからだと思います。ありがとうございます」と喜びを語った。

 今年創設された「Yahoo!検索大賞」は、国内最大級の検索サービス「Yahoo!検索」のデータから、今年検索数が最も上昇した人物・作品・製品を選出するアワード。第1回となる今回は、2014年1月1日から11月1日までのデータを基に、最も検索数が伸びた“今年の顔”の「大賞」のほか、「パーソンカテゴリー(全8部門)」「カルチャーカテゴリー(全5部門)」「プロダクトカテゴリー(全5部門)」のそれぞれを発表した。

 「パーソンカテゴリー」では、アイドル部門で橋本環奈(Rev.from DVL)、お笑い芸人部門でお笑いコンビの日本エレキテル連合など、今年話題を呼んだ人々が次々と受賞。羽生選手は大賞のほかアスリート部門も受賞し、ダブル受賞を果たした。

 この日会場には現れなかったものの、ビデオメッセージで感謝の思いを述べた羽生選手。「僕自身オリンピックで金メダルが取れたり、良いことがたくさんありました。20歳になりましたが、これからも常に向上心を持って頑張りたいと思います。僕自身、検索はよくします。意外と『フィギュアスケート羽生結弦』とかでよく検索します。来年も羽生結弦で検索をよろしくお願いいたします」とコメントしていた。

 羽生選手は今年2月に行われたソチオリンピックで金メダルを、3月の世界フィギュアスケート選手権2014で1位を獲得している。(編集部・井本早紀)

受賞結果は以下の通り
■大賞
羽生結弦

■パーソンカテゴリー
・アイドル部門 橋本環奈(Rev. from DVL)
・モデル部門 筧美和子
・ミュージシャン部門 SEKAI NO OWARI
・スペシャル部門 HIKAKIN
・お笑い芸人部門 日本エレキテル連合
・アスリート部門 羽生結弦
・女優部門 石原さとみ
・俳優部門 市川海老蔵

■カルチャーカテゴリー
・アニメ部門 妖怪ウォッチ
・映画部門 アナと雪の女王
・ゲーム部門 モンスターストライク
・小説部門 ルーズヴェルト・ゲーム
・ドラマ部門 花子とアン

■プロダクトカテゴリー
・飲料部門 アーモンド効果
・お取り寄せ部門 八雲もち
・家電部門 レイコップ
・クルマ部門 ハスラー
・コスメ部門 ルナソル アイシャドウ


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 8日
  5. Yahoo!が選ぶ“今年の顔”に羽生結弦!第1回Yahoo!検索大賞受賞でファンに感謝