シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

第6回-映画で未来のスターシェフを育てる!料理専門大学バスク・キュリナリー・センター【映画で何ができるのか】(1/2)

第6回-映画で未来のスターシェフを育てる!料理専門大学バスク・キュリナリー・センター
サンセバスチャン郊外にあるバスク・キュリナリー・センター。2009年に設立されたスペインの私立大モンドラゴン大学料理科学部

 人口約18万人ながらミシュラン三つ星レストラン「アルサック」と「アケラレ」を擁し、バルの数は数百軒以上と言われる美食の街スペイン・サンセバスチャン。同地で毎年9月に行われ、62回の歴史を誇るサンセバスチャン国際映画祭でも、料理映画部門キュリナリー・シネマが盛況だ。その人気部門を支えるのが、2009年にサンセバスチャン郊外に創設された料理専門大学バスク・キュリナリー・センター(以下、BCC)。実は、映画祭は学生たちの貴重な実習の場だったのである。【取材・文:中山治美】

レストラン経営やシェフの養成を行なっている4年制の教育機関

 キュリナリー・シネマ部門は、料理をテーマにした作品を集め、観賞後、その映画にちなんだディナーを楽しむという映画祭の目玉企画である。美食家でもある映画祭ディレクターのホセ=ルイス・レボルディノスが、ベルリン国際映画祭のキュリナリーシネマに触発されて2010年に始めたものだ。作品の選定は映画祭側が行うが、BCCがシェフの人選などディナーをコーディネートする。

ホセ・マリ・アイセーラさん
BCCのジェネラル・マネージャー、ホセ・マリ・アイセーラさん

 BCCはスペイン・モンドラゴン大学の料理科学部として、レストラン経営やシェフの養成を行っている4年制の教育機関である。現在の生徒数は、世界約20か国から350人。同時に、ガストロノミーの研究・啓蒙活動の重要な拠点となっており、国際顧問には“世界一予約の取れないレストラン”と称されたエル・ブジ(スペイン)のフェラン・アドリアや服部幸應も名を連ねている。その強力なネットワークを活かし、今年の映画祭にはペルーのカリスマシェフ、ガストン・アクリオが来場。

 ガストンの人生&料理哲学を追ったドキュメンタリー映画『ファインディング・ガストン(英題)/ Finding Gaston』(パトリシア・ペレス監督)を観賞後、BCC内のレストランで、ガストンの料理をたった50ユーロ(約7,450円。1ユーロ=147円換算。ワインなどの飲料込)で堪能できるという、世界中の美食家が嫉妬するような贅沢な時間がもたらされたのだ。

海老の天ぷら
美味しいだけじゃなく、目でも楽しませてくれるのがサンセバスチャン流。パーティーで振る舞われた海老の天ぷらもこの通り

キビキビと働いていたのはBCCの学生たち

 その厨房やホールでキビキビと働いていたのはBCCの学生たち。会期中、BCCのディナーは4回行われ、100人の生徒がボランティアとして参加したという。BCCのジェネラル・マネージャー、ホセ・マリ・アイセーラが語る。「BCCの一つの目的として、年間を通して世界各国のシェフに来ていただき、彼らから直接学ぶ機会を作ることがあります。国際顧問の服部先生が講師を務めることもありますし、昨年は成澤由浩さん(東京・南青山『NARISAWA』のシェフ)にも来ていただきました。ですので映画祭のこのイベントは、絶好の勉強の機会なんです。同時にガストンが来た日は、まず朝に生徒たちが BCC内のオーディトリアムで映画を観て、ガストンとの質疑応答の時間を設けました。学生にとってはまたとない時間です。しかもディナーでは、ガストンの調理のサポートをできるなんて! と喜んでいますよ」。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 14日
  5. 第6回-映画で未来のスターシェフを育てる!料理専門大学バスク・キュリナリー・センター