シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「THE MANZAI 2014」優勝の博多華丸・大吉、コンビ揃っては初の快挙

「THE MANZAI 2014」優勝の博多華丸・大吉、コンビ揃っては初の快挙
コンビ揃っての初のタイトル獲得に喜びを表現した博多華丸・大吉の博多華丸(左)、博多大吉

 日本で最も面白い漫才師を決める「日清食品 THE MANZAI 2014 年間最強漫才師決定トーナメント!」が14日、東京・台場のフジテレビで行われ、お笑いコンビ・博多華丸・大吉(博多華丸、博多大吉)が4代目王者に輝いた。コンビ揃っての栄誉は結成25年目にして初めてで、大吉は「そんな機会は二度とないと思っていたので今回いただけて本当にうれしい」と喜びをかみしめた。

 華丸がピン芸人として「R-1ぐらんぷり」の優勝経験はあるものの、コンビ揃っては初めて。2人ともベテランの域だけに若手に申し訳ない気持ちもあったというが、大吉は「本音を言えば一個くらいあればうれしいなと思っていましたけど、そんな機会は二度とないと思っていたので今回いただけてほんとうにうれしいです」と率直な思いを語り、華丸も「何かとM-1とかコンテストではだいたい年齢で(出場)資格がなかったので、制限のないTHE MANZAIのおかげです」と感謝を表した。

 また、福岡で人気を集め上京した当時を振り返り、華丸は「あの頃は何か思い出を作ったらすぐ帰ろうと思っていたので、こんな大それた事がその後起こるなんて当時は夢にも思わなかったです。ただ、終始博多弁で漫才をできて、評価をいただけたことで福岡へ恩返しができたかなと思います」と故郷への思いも話した。

 決勝では勝敗を決める全10票のうち9票獲得と圧勝で、最高顧問を務めたビートたけしは「変な言い方をすれば、ジャンクフードとか流行りの食堂がいっぱいある中、老舗の有名なお店の味を出されたって感じ。安くて速い飯よりも、由緒があって格式が高くて本当の味はこれだよって感じがあったので圧勝だったね」と評価。MCを務めたナイナイの岡村隆史も「同期ですけど、心から応援していました」と祝福した。

 「THE MANZAI 2014」決勝大会は過去最多出場者1,870組中から勝ち抜いた11組と敗者復活戦を勝ち抜いた1組の計12組が激戦を繰り広げ、決勝戦はアキナ、トレンディエンジェルと競った。(中村好伸)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 14日
  5. 「THE MANZAI 2014」優勝の博多華丸・大吉、コンビ揃っては初の快挙