シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

行定勲監督が三浦春馬にクレーム!「テンポの良いサスペンスを目指したかった」

行定勲監督が三浦春馬にクレーム!「テンポの良いサスペンスを目指したかった」
日本と海外のスタッフの違いや撮影裏話などで会場を盛り上げた行定勲監督(左)、三浦春馬

 俳優の三浦春馬が20日、早稲田大学にて開催中の「第27回 早稲田映画まつり」にて行われた映画『真夜中の五分前』トークショー&ティーチインに、行定勲監督と共に出席した。行定監督は「映画のトーンがゆっくりになったり静かになったのは春馬のせいで、おれはもっとテンポのいいサスペンスを目指したかった」と、今さらながらクレームを呈し、三浦をうなだれさせた。

 本作は、孤独な青年が上海で年上の美しい双子の姉妹と出会ったことから展開する、サスペンスタッチのラブストーリー。三浦をはじめ、中国の人気女優リウ・シーシー、台湾を代表する俳優チャン・シャオチュアンといった3か国のライジング・スターの豪華共演によって、切なくもロマンティックな愛のミステリーが紡がれる。

  三浦が演じるリョウは孤独過ぎる青年で、「役作りの仕様がない」と語る行定監督は、「三浦春馬という人の日本人としての情緒や生活スタイル、考え方が、リョウという役を通して出ればいいと思っていた」と述懐。しかし、自身の思いとはかけ離れたリョウに仕上がったのか、冒頭の衝撃発言で会場を沸かせた。

三浦春馬
行定勲監督からの今更なクレームにうなだれた三浦春馬

 その後は学生から様々な質問が飛び、海外ロケでの苦労話を聞かれた三浦は、「現場には通訳さんがついていてくれたが、上海出身の彼女が感じることは僕とは多少ずれるから、そこで伝わり方が変わることは多々あった」と言葉の壁があったことを吐露。しかし、苦労を重ねて仕上げた本作に、「この作品を通して新しい景色を僕は確かに見た。かかわれて良かったし、これからの役者人生にとってとても良い財産になったと感じている」と感慨深げな表情を見せた。

 一方、行定監督は「ムカついたら首根っこつかんで裏に連れて行って怒鳴った」と三浦とは違うかなり荒々しい態度で中国人スタッフと接していたことを告白。また、「最初は日本で日本人の設定で撮影をしようとシナリオを作っていたけど、お金が集まらなかった」と日本映画ではなくアジア映画になった理由をあっけらかんと説明。日本と中国のスタッフの違いにも言及し、「日本人はスケジュール通りに動きたいため、眉間にしわを寄せて撮影しているが、中国人は『俺撮影しているぜ』と楽しそう。でも段取りができていないから撮影は延びる」と笑いを交えながら説明し、会場を盛り上げた。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『真夜中の五分前』は12月27日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 21日
  5. 行定勲監督が三浦春馬にクレーム!「テンポの良いサスペンスを目指したかった」