シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「海月姫」原作者、ファン200人の“尼~ず”コスプレに大興奮!

「海月姫」原作者、ファン200人の“尼~ず”コスプレに大興奮!
笑顔でファンに応じる東村アキコ

 人気コミック「海月姫」の原作者・東村アキコが、24日、渋谷のシネクイントで行われた映画『海月姫』のコスプレ試写会に登壇。劇中のキャラクターのコスプレで来場したファン約200人と笑顔で交流し、そのコスプレの完成度に感激の表情を見せた。

 男子禁制アパート・天水館に住むオタク女子集団“尼~ず”と、彼女たちの前に突如現れた女装美男子・蔵之介(菅田将暉)が、天水館の危機を乗り越えるべく奮闘するさまを描いた本作。東村は劇中の陰の主役というタコクラゲのクララの着ぐるみと会場後方から登場し、「皆さん、イブなのにわざわざ来てくださってありがとうございます!」とご機嫌。客席を練り歩いてファンとの握手に応じ、ファンのコスプレの完成度に「すごい! 花森さんの月光仮面の人もいる~」と大興奮。

 壇上に上がっても興奮冷めやらぬ様子で、ファンを次々にステージに上げてコミュニケーション。千絵子コスプレの女性が着てきた着物について「別れた夫のお母さんからもらったものです」と明かすと、「このイブにドMな重たいエピソードをありがとうございます」と切り返し、月光仮面コスプレの男性には「大丈夫あなた? 刃物持ってない?」とボディーチェック。クララのかぶり物をした親子連れには「すごいじゃんこのかぶり物! 防災用にも使える! プロの仕事だよ!」とファン以上のはしゃぎっぷり。

会場
会場はすごい熱気!

 大学生2人組には「イブにここに来ている女子大生、強く生きろよ。来年のイブもこういう集まりに行ったらいいよ」と自ら肩を抱いてエールを送り、東村自身のコスプレで来た女性には「これわたし? ぜひ今度飲みに行きましょう!」と握手。「今日来るような人たちだから面白い人ばかりだと思っていたけど想像以上!」とうれしそうな表情を見せ、映画についても「最高! 結構すごい出来! 自信を持っておすすめできます!」と原作者の立場から太鼓判を押していた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『海月姫』は12月27日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 25日
  5. 「海月姫」原作者、ファン200人の“尼~ず”コスプレに大興奮!