シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロとの共演作で監督デビューか

ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロとの共演作で監督デビューか
この二人が組んだら面白いに決まってる! - Gary Gershoff / WireImage / Getty Images(左)Taylor Hill / Getty Images(右)

 映画『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル』のブラッドリー・クーパーが、ロバート・デ・ニーロと共演する新作『ハネムーン・ウィズ・ハリー(原題) / Honeymoon with Harry』で、監督デビューを果たすかもしれないとDeadline.comが伝えた。

 本作は、2012年に出版されたバート・ベイカーの同名小説の映画化。出版になる以前の2004年、企画段階ですでに本作プロデューサーのマイク・カーツが映画化権を獲得していた。

 その後、映画『クラッシュ』のポール・ハギスが脚本を執筆し、メガホンを取るという話も浮上。ヴィンス・ヴォーンとジャック・ニコルソンがキャスティングされる可能性もあった。

 製作予算が削減され、それでもジョナサン・デミ監督がメガホンを取る可能性も示唆されたが実現には至らず。そんな中で、主演に決まっているクーパーが監督に興味を持っているとのニュースが伝えられた。

 本作は、さんざん女性との浮き名を流してきたアルコール依存症の男性の人生が、ある女性と恋に落ちたことで一転するが、妻が二人の結婚式当日に命を落としてしまうというストーリー。主人公の男性役をクーパーが、彼に反感を抱いている義父役をデ・ニーロが務めることになっている。

 映画『ラブ・アゲイン』の脚本家ダン・フォーゲルマンが、現在脚本のリライトにあたっている。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 1月
  4. 14日
  5. ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロとの共演作で監督デビューか