シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

DCコミックス映画『スーサイド・スクワッド』からトム・ハーディ降板

DCコミックス映画『スーサイド・スクワッド』からトム・ハーディ降板
降板したトム・ハーディ(上)と(左下から)マーゴット・ロビー、ウィル・スミス、ジャレッド・レトー、ジェイ・コートニー - Theo Wargo / Getty Images / Karwai Tang / WireImage / Getty Images / Lester Cohen / WireImage / Getty Images / Steve Granitz / WireImage / Getty Images / Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 DCコミックスの人気悪役が集結する話題作『スーサイド・スクワッド(原題) / Suicide Squad』からリック・フラッグ役のトム・ハーディが降板したとThe Hollywood Reporterが報じた。

 降板理由はスケジュールの調整がつかないため。トムは現在、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の西部劇映画『ザ・レヴェナント(原題) / The Revenant』を撮影中だが、予定よりも長引いているらしい。ワーナー・ブラザース側はすでにジェイク・ギレンホールに同役をオファーしているとのこと。

 『スーサイド・スクワッド(原題)』は凶悪犯ばかりを集めた政府の秘密部隊が、減刑のため命懸けのミッションに挑むストーリー。「バットマン」の悪役、デッドショットをウィル・スミス、ジョーカーをジャレッド・レトー、「フラッシュ」の敵役キャプテン・ブーメランをジェイ・コートニーが演じることになっている。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 1月
  4. 18日
  5. DCコミックス映画『スーサイド・スクワッド』からトム・ハーディ降板