シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』マーゴット・ロビー、スポーツ賭博映画に出演

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』マーゴット・ロビー、スポーツ賭博映画に出演
注目作への出演が続くマーゴット・ロビー - Karwai Tang / WireImage / Getty Images

 映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でレオナルド・ディカプリオ演じるジョーダン・ベルフォートの妻ナオミを演じたマーゴット・ロビーが、スポーツ賭博を題材にした映画『デンジェラス・オッズ(原題) / Dangerous Odds』に出演することになったとThe Wrapが報じた。

 ワーナー・ブラザースが製作する本作は、1980年代から1990年代に活動した、違法のスポーツ賭博で一財産を築いたロン・サッコと、初めての女性スタッフで彼の違法ビジネスのブレーンであったマリサ・ランケスターについて描く。ランケスター自身による同名の回顧録が原作になっている。

 『ワールド・トレード・センター』の脚本家アンドレア・バーロフが脚本を手掛けることになっている。

 ロビーは、ウィル・スミスと共演した映画『フォーカス』が2月下旬より全米公開予定、日本では3月28日に公開される予定だ。また、2016年8月5日に初日がセットされている、DCコミックスの悪役が結集する映画『スーサイド・スクワッド(原題) / Suicide Squad』に、ジョーカーの恋人役ハーレー・クィン役で出演することになっている。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 17日
  5. 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』マーゴット・ロビー、スポーツ賭博映画に出演