シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

サミュエル・L・ジャクソン、ティム・バートン新作に出演か?

サミュエル・L・ジャクソン、ティム・バートン新作に出演か?
タッグ実現なるか? サミュエル・L・ジャクソンとティム・バートン - Cindy Ord / Getty Images(左)Dave M. Benett / Getty Images(右)

 俳優のサミュエル・L・ジャクソンが、ティム・バートン監督製作の新作『ミス・ペレグリンズ・ホーム・フォー・ピキュリアー・チルドレン(原題) / Miss Peregrine's Home For Peculiar Children』で出演交渉していることがVarietyや複数のメディアによって明らかになった。

 同作は、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』などのピーター・チャーニンの製作会社チャーニン・エンターテインメントが、米20世紀フォックスの下で企画している作品。脚本は、『キック・アス』のジェーン・ゴールドマンが作家ランサム・リグズ執筆の同名ファンタジー小説(邦題「ハヤブサが守る家」)を脚色する。

 高校生ジェイコブが、謎の死を遂げた祖父の昔話と写真をもとにウェールズの小さな島に行き、特殊能力を持つ子供たちが収容されている孤児院を探すという物語。主役となる高校生ジェイコブ役に『ヒューゴの不思議な発明』『エンダーのゲーム』のエイサ・バターフィールド、孤児院の女性校長役に『007/カジノ・ロワイヤル』のエヴァ・グリーンが決定しており、このたび新たにサミュエル・L・ジャクソンに白羽の矢が立ったようだ。(細木信宏/Nobuhiro Hooski)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 12日
  5. サミュエル・L・ジャクソン、ティム・バートン新作に出演か?