シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アカデミー賞最多4部門受賞『バードマン』、最新日本版ポスター公開

アカデミー賞最多4部門受賞『バードマン』、最新日本版ポスター公開
映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』最新日本版ポスタービジュアル - (c) 2014 Twentieth Century Fox

 先日開催された第87回アカデミー賞授賞式で最多タイとなる4部門(作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞)に輝いた映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の最新日本版ポスタービジュアルが公開された。

 本作は、『バベル』のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督が、かつてヒーロー映画『バードマン』で人気を博しながらも現在は失意の日々を送る俳優リーガンを主人公に、映画界、演劇界を描いたダークファンタジー。脚色・演出・主演を務めるブロードウェイの舞台で復活を果たそうとするリーガンだが、大けがを負った出演者に代わって迎えた実力派俳優マイクは扱いづらく、娘サムとの溝も深まるばかりで精神的に追い込まれていく。“バードマン”まで現れ現実と幻想が曖昧になる中、リーガンは再び成功を手にし、家族の絆を取り戻すことができるのかを、全編1カットのような途切れることのない映像で映し出す。

 今回公開されたポスターは、『ゼロ・グラビティ』に続き2年連続でオスカーを受賞した撮影監督エマニュエル・ルベツキがiPhoneで撮影した画像を元にしたもの。ブロードウェイを歩く人々の中でこちらを向いているのはイニャリトゥ監督で、オリジナル版では姿のなかった“バードマン”が羽ばたき、マイケル・キートン演じるリーガンの耳元でささやく構成になっている。

 自身も『バットマン』俳優として名をはせるも以降は役に恵まれなかったマイケルは、再起をかけて奮闘するリーガンを切なさとおかしさをもって熱演し、第72回ゴールデン・グローブ賞をはじめ多数の賞に輝いている。脇を固めるのは、『アメイジング・スパイダーマン』のエマ・ストーン、『ファイト・クラブ』のエドワード・ノートン、『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のザック・ガリフィナーキスなど。(編集部・市川遥)

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は4月10日よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 25日
  5. アカデミー賞最多4部門受賞『バードマン』、最新日本版ポスター公開