シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

核に翻弄される人々を追ったドキュメンタリー映画『わたしの、終わらない旅』ビキニ記念の集いで先行上映

核に翻弄される人々を追ったドキュメンタリー映画『わたしの、終わらない旅』ビキニ記念の集いで先行上映
“3.1 ビキニ記念の集い”が行われ坂田雅子監督(右)、豊島博光氏の対談が行われた

 核兵器、原子力エネルギーといった、核利用の歴史に翻弄される人々の現状を記録するドキュメンタリー映画『わたしの、終わらない旅』の特別先行上映会“3.1 ビキニ記念の集い”が28日、都内で行われ、坂田雅子監督が本作への思いを語った。核被害を長年取材しているフォトジャーナリスト・豊島博光氏も対談者として同席した。

 『花はどこへいった』で枯れ葉剤被害を追った坂田監督は、3.11の福島第一原子力発電所事故後の現実にショックを受け、亡き実母・静子さんが、約40年前に一市民として始めた反原発運動の意義に改めて思い至る。本作は、フランス、ラ・アーグの核再処理施設や、大規模な核実験が行なわれたマーシャル諸島(ビキニ島を含む)、カザフスタンのセミパラチンスクを旅し、核で故郷を追われた人々、いまも汚染された海や大地で暮らす人々を見つめる。

 豊崎氏が感想として「本作がすごいのは、監督のご家族の歴史と核の問題がつながっている点ですね。ラ・アーグ対岸に住むお姉さんの経験が、お母さまの反核運動のきっかけになり、監督のご主人もジャーナリストとしてマーシャル諸島で写真を撮っている。以前から関心があったのですか?」と話すと、坂田監督は「お恥ずかしい話ですが、福島の事故で目が覚めたという感じです。自分は何も知らなかったから、とにかく知りたい、目の前にある見えないものを取り払いたいと、旅をして話を聞いたんです」と、製作動機を語る。

 「ラ・アーグは、日本の原発の使用済み核燃料を再処理してMOX燃料を作り、それが福島第一原発3号炉に使われた、といわれています。マーシャル諸島には日本軍が作った滑走路があり、日本語の単語を話す島民もいる。その後、ビキニ環礁ではアメリカの水爆実験で、第五福竜丸が被ばくしました。そして福島の事故。日本も太平洋のなかにあって、現在とつながっていますよね」と豊崎氏。

 これに対して坂田監督も「ビキニの青い海と白砂の浜辺はほんとうに美しいんです。でもその場所が、残留放射能が高くて70年経ったいまも人は住めない。すべてがつながっているなら、これがわたしたちの未来なんでしょうか」と話し「まだ知らないことがたくさんあるから『終わらない旅』とタイトルをつけました」と語りかけた。イベントは、翌3月1日が第五福竜丸被ばく事件(1954年)の日ということで、“3.1 ビキニ記念の集い”と副題された。(取材/岸田智)

映画『わたしの、終わらない旅』は3月7日よりポレポレ東中野ほか全国順次公開
ポレポレ東中野では公開中に坂田監督と加藤登紀子、鎌仲ひとみ監督、後藤政志、島田興生、太田昌克らとのトークイベントを開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 1日
  5. 核に翻弄される人々を追ったドキュメンタリー映画『わたしの、終わらない旅』ビキニ記念の集いで先行上映