シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ロビン・ウィリアムズさん「僕は人の笑いで生きている」…戸田奈津子が秘話明かす

ロビン・ウィリアムズさん「僕は人の笑いで生きている」…戸田奈津子が秘話明かす
『いまを生きる』時の戸田奈津子とロビン・ウィリアムズさん - 戸田の秘蔵写真より

 映画字幕翻訳家の戸田奈津子が2日、都内で行われた映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』公開記念「ありがとうロビン・ウィリアムズ」トークイベントに出席し、ロビンさんとの秘話を明かした。

 昨年8月に亡くなったロビンさんにとって、本作が実写映画における遺作となった。サービス精神旺盛だったロビンさんを「生まれもってのエンターテイナー」と評する戸田は、「普段は物静かなんだけど、知らない人が3人もいればそれはもうオーディエンス。ハイテンションでワーッとはしゃいじゃうのね。うちに帰っても子供たちを楽しませ続けたというから、幸せな子供たちよ。彼が亡くなったとき、『彼は犬さえも楽しませた』という言葉も出ていたくらいだからね」と述懐する。

 あまりにもサービス精神が旺盛なゆえに、戸田が「いいから、ここは静かに」と制することもあったというが、ロビンさんは「僕は人の笑いで生きているんだ」と口癖のように返していたのだという。「ただ、彼はかつてアルコール依存症だったことがあって、リハビリにも何度も行っていた。わたしなんかお酒好きだし、奥さんも飲むのよ。だから食事のときにお酒が出るでしょ。でもロビンは絶対に手をつけない。そうするとわたしたちも気の毒になってね。飲めなかった」と振り返る戸田は、「とても朗らかでいい人だったけど、内面に地獄があったのかな」とおもんぱかった。

戸田奈津子とロビン・ウィリアムズさん
『ミセス・ダウト』時の二人 - 戸田の秘蔵写真より

 「家族ぐるみで付き合うと本当に仲良くなる。向こうもわたしを頼ってくれたので、通訳兼ガイドとして旅をアレンジした」という通り、プライベートでは、奈良・京都での家族旅行に3、4回ほど付き添ったこともあったそう。さらに、昨年9月にサンフランシスコで非公開に開催された追悼式の後、ごくごく親しい身内だけを集めて行われた中華の夕食会に、戸田は日本人として唯一招待されたという。本作主演のベン・スティラーの姿をそこで見かけたという戸田は、「悲しくて言葉にならないと言っていたわね」とポツリ。最後に「この映画を観て、ロビンをしのんであげてください。本当に素晴らしい人でした」と観客に呼び掛けた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』は3月20日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 2日
  5. ロビン・ウィリアムズさん「僕は人の笑いで生きている」…戸田奈津子が秘話明かす