シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

マギー・スミス 第6シーズンで「ダウントン・アビー」を降板

マギー・スミス 第6シーズンで「ダウントン・アビー」を降板
「ダウントン・アビー」を降板するマギー・スミス - Anthony Harvey / Getty Images

 テレビドラマ「ダウントン・アビー」が第6シーズン以降続くとしても、マギー・スミスは第6シーズンを最後に降板するという。

 The Sunday Timesとのインタビューでマギーは、「これが最終シーズンだと聞いたわ。これ以上続けられないでしょう。少なくともわたしは無理だわ。舞台は1920年代に移っているのだから、計算するとわたしは110歳くらいになってしまうんじゃないかしら」と語っている。

 先代グランサム伯爵夫人バイオレットを演じているマギーは、同ドラマでゴールデン・グローブ賞、エミー賞、全米映画俳優組合賞などを受賞したが、おかげで簡単には外出ができなくなってしまったそう。

 「残念なことは、今までは自分一人でギャラリーに行ったり、いろいろなことができたのに、この番組をやってからはそれができなくなってしまったわ。人が寄ってきたら逃げることはできないもの」とコメントしている。

 「特にひどいのは、昔はサインを求められたものなのに、今はみんな写真を撮りたがること。写真を撮られると魂を抜かれると思っていた人の気分になるわ。プライバシーはまったくない。近いうちに誰もプライバシーなんてなくなると思う」と懸念も示している。

 マギーは現在、映画『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の続編『ザ・セカンド・ベスト・エキゾチック・マリーゴールド・ホテル(原題) / The Second Best Exotic Marigold Hotel』の撮影中。「ダウントン・アビー」は第5シーズンの放送がアメリカで終了したばかり。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 8日
  5. マギー・スミス 第6シーズンで「ダウントン・アビー」を降板