シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

本田望結、「家政婦のミタ」オーディション時の心境明かす「絶対わたしにしか…」

本田望結、「家政婦のミタ」オーディション時の心境明かす「絶対わたしにしか…」
本田望結ちゃんと妹の紗来ちゃん

 「第三回 新・午前十時の映画祭」の開幕を記念した『リトル・ダンサー』特別試写会が25日に都内で行われ、本作に共感したという人気子役の本田望結ちゃんが妹の紗来ちゃんと共に出席した。フィギュアスケーターとしても活躍する望結ちゃんは、将来の目標について「まず、『オリンピック出ることが夢!』と言えるような選手になるのが夢。自分にしかできないことを見つけたい」と大人顔負けの決意を語った。

 「午前十時の映画祭」から通算6回目を迎え、累計動員数250万人を突破した「新・午前十時の映画祭」。4月4日より開幕する「第三回 新・午前十時の映画祭」では、『リトル・ダンサー』『小さな恋のメロディ』『ひまわり』など名作映画計30作品を全国54劇場で1年間上映する。

 「わたしも(『リトル・ダンサー』の)主人公ビリーのように、音楽が鳴ると自然に踊ってしまう」という望結ちゃんは、ダンサーを夢見る主人公ビリーと自身の思いが重なるという。「オーディションに受かって泣いてしまうくらいうれしい気持ち、落ちて残念な気持ちがすごくよくわかります」と大いに共感した様子。さらに「『家政婦のミタ』のオーディションで、希衣役は絶対わたしにしかできないという思いで頑張ったことを思い出しました」と当時を振り返った。

 また、フィギュアスケーターとしてオリンピックを目指す? という問いに対して望結ちゃんは、「女優としても、スケーターとしても、自分にしかできないことを探すのが今年の目標。まずは、『オリンピックに出るのが夢』と言えるような(レベルの)選手になるのが夢」」と語り、表情を引き締めた。

 なお、トークイベント初体験の紗来ちゃんは、やや緊張した表情を浮かべていたが、本映画祭が開幕する4月4日が誕生日であることからバースデーケーキがプレゼントされると満面の笑みになり、望結ちゃんと共に喜びを全身で表していた。(取材:坂田正樹)

「第三回 新・午前十時の映画祭」は4月4日よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国54劇場で開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 25日
  5. 本田望結、「家政婦のミタ」オーディション時の心境明かす「絶対わたしにしか…」