シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

連載第5回 『理由なき反抗』(1955年)【名画プレイバック】(1/2)

連載第5回 『理由なき反抗』(1955年)
『理由なき反抗』(1955)公開当時のポスター - Warner Bros./ Photofest / ゲッティ イメージズ

 昭和の中高生の多くが最初に憧れた海外スターはこの人だったのではないだろうか。まぶしそうな上目遣いと陰のあるたたずまい、ドラマチックな表現力で一世を風靡し、わずか3本の主演作を遺して24歳でこの世を去ったジェームズ・ディーン。ちょうど60年前に作られた主演第2作『理由なき反抗』(1955)には、おなじみの白のTシャツにブルーのデニム、赤のジャンパー姿の彼が登場する。大人でも子供でもない思春期独特の焦燥感や理解のない大人への反発、愛の渇望をテーマに、怒れる若者を鮮やかなカラーで描く青春映画だ。(冨永由紀)

 とにかくディーンの放つエネルギーが凄まじい。男に慕われ、女に愛され、黙っていても相手は引き寄せられるのに、さらに自ら距離を詰めてくるような迫力がある。路上に寝転がってゼンマイ仕掛けの猿の玩具と戯れる冒頭から、俯瞰ショットで終わるラストまで、ただでさえ威力のあるスター・オーラが全編を通して最高潮を保ち続けている。

 主人公は50年代ロサンゼルスの中流家庭の高校生たち。家族と引っ越してきたばかりの17歳のジム(ジェームズ・ディーン)は、路上で泥酔して警察署に連行され、そこで夜間外出で保護された同じ歳頃の少女・ジュディ(ナタリー・ウッド)、子犬を銃で撃った少年・プラトー(サル・ミネオ)と知り合う。午前3時に始まり、翌日同時刻に終わる24時間の物語だ。

 ジュディがつるんでいる不良グループのリーダーに挑発され、校外学習で出かけたプラネタリウム館でのナイフ沙汰、夜の断崖でのチキン・ゲーム、とジムは無鉄砲な暴走を繰り広げる。その合間に挟み込まれるのが、3人それぞれの家族との関係だ。

 優柔不断な父と勝ち気で人前でも平気で夫を怒鳴りつける母にいら立ち、父の不甲斐なさに荒れ狂うジム。ジュディは、自分が成長するにつれて以前のように愛情を示さなくなった父に不満を募らせていた。といっても、きれいな家に両親と暮らし、関心を持ってもらえるその状態の何が不満なのか? と思ってしまう。現代人にとって説得力があるのは、生まれて間もなく父親が出奔し、母親もほとんど家に寄りつかず、メイドと暮らすプラトーだけだろう。両親不在の寂しさを募らせ、あっという間にジムやジュディに依存していく姿は痛々しくもリアル。演じた当時15歳のミネオは、本作でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。

 ギリシャの哲学者・プラトンから名をとったプラトー(Plato)には同性愛者という裏設定があった。初期の脚本には彼がジムにキスしようとする場面があったが、当時の風潮がそれを許さずカットされた。だが、監督のニコラス・レイはもちろん、ディーンとミネオもこの裏設定を心得ていた。ディーンはミネオに「俺がナタリーを見るような視線で、俺を見ろ」と演技指導したという逸話もある。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 27日
  5. 連載第5回 『理由なき反抗』(1955年)