シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

松下奈緒、古田新太におっさんみたいと言われ苦笑い

松下奈緒、古田新太におっさんみたいと言われ苦笑い
ドラマ同様絶妙なコンビネーションを見せた松下奈緒と古田新太

 松下奈緒と古田新太が7日、都内で行われたWOWOWの連続ドラマW「闇の伴走者」完成披露試写会イベントに出席し、和やかな現場の様子を振り返った。この日は平田満、田中哲司、三木孝浩監督も来場した。

 「MASTERキートン」など浦沢直樹とのタッグで知られる脚本家・長崎尚志の小説をドラマ化した本作。元警察官の調査員・水野優希(松下)と、偏屈なフリー漫画編集者・醍醐真司(古田)という異色コンビが、漫画界の巨匠が遺(のこ)した未発表原稿を基に、35年前の連続女性失踪事件の謎を解き明かしていく。

 第1話上映後にステージに登壇した松下は、「(観客が)本編をご覧になった後に登壇するのは緊張する」と硬い表情を見せていたが、「面白かったですか?」と会場に呼びかけると、会場から万雷の拍手。そこでようやく安堵(あんど)の表情を見せた。

 奇妙なデコボココンビが協力しながら事件を解決していくドラマを振り返った古田が、「最終的には恋仲になるかと思ったけど、ならなかったですね」と残念そうに語ると会場は大爆笑。さらに初共演となる松下を、「きれいでチャーミングで、おっさんみたいな人」と評すると、松下は「やだ、もう……」と苦笑いで答えた。続けて、「古田さんの前に行くと素でいっちゃうんですよ。不思議なもので」と付け加える松下に、「(松下とは)初対面だったんですけど、最初からゲラゲラ笑っていましたね」と明かした古田。松下も「現場に行くのがすごく楽しかった」と和やかだった撮影を思い返していた。

全体
和やかな雰囲気のキャスト陣

 三木監督も「面白かったのは、最初は松下さんが古田さんに振り回される感じになるのかなと思ったんですけど、意外と松下さんの方が振り回す方が多かったかな」と述懐。古田は、「とにかく(漫画のうんちくを語り続けるため)セリフが多くて。覚えるのでいっぱいいっぱいだったんですよ」と笑いながら付け加えた。

 これまで『アオハライド』など恋愛映画で手腕を発揮してきた三木監督だが、今回はミステリーに初挑戦。「恋愛映画だと、画(え)が明るくなるようにいつも天気を気にしていたんですけど、ミステリーは天気が悪くても撮っていいんだと思ったら楽しかった」と笑顔を見せた。(取材・文:壬生智裕)

連続ドラマW「闇の伴走者」は4月11日(土)夜10時よりWOWOWプライムにて放送(全5話、第1話無料放送)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 7日
  5. 松下奈緒、古田新太におっさんみたいと言われ苦笑い