シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

人気声優・種田梨沙&茅原実里「びちゃびちゃに泣いた」と作品の出来に自信!

人気声優・種田梨沙&茅原実里「びちゃびちゃに泣いた」と作品の出来に自信!
「びちゃびちゃに泣いた」という種田梨沙&茅原実里

 25日、映画『劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 未来篇』初日舞台あいさつが新宿ピカデリーで行われ、種田梨沙(栗山未来役)、KENN(神原秋人役)、茅原実里(名瀬美月役)、山岡ゆり(新堂愛役&MC)、そして石立太一監督が登壇した。

 本作は、京都アニメーションが制作したテレビアニメ「境界の彼方」の劇場公開版2部作の後編。前作『過去篇』の1年後を舞台に、主人公たちがさまざまな葛藤を乗り越えた先にある“未来”を描く。

 茅原と一緒に完成した作品を観たという種田は「未来という役柄にたくさんの思いを込めました。石立監督をはじめ、京都アニメーションさんなどたくさんの方の力添えで出来上がった作品。いろいろなことがこみ上げてきて、わたしも(茅原)実里さんもびちゃびちゃに泣いちゃいました」と深く感情移入できる映画に仕上がったことに胸を張った。

『劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 未来篇』
山岡ゆり、KENN、種田梨沙、茅原実里、石立太一監督

 一方のKENNも「僕は映画を観た後のエンディングテロップのときに、どんな映画だったかを振り返るのですが、過去篇からの未来篇の流れなどを考えると、とても感慨深くて、思わず泣いてしまいました」と告白。そんなキャストたちに石立監督は「未来というキャラクターが、どれだけ愛されていたか、先の人生をどのように歩んでいくかを観ていただきたいという思いで作品を作りました」と込めた思いを吐露した。

 茅原演じる美月は、これまでの作品とは違い、本作では感情を出すシーンが多かったが「台本を読んだときからすでに、どれだけ冷静でいられるんだろうってウルウルしていました」と振り返ると「目に映るもの、耳から入ってくるもの、全てが愛にあふれています。一人で観ていたらおえつして泣いちゃったと思う」とすてきな作品に携われたことに感謝していた。

 石立監督が「これをもって燃え尽きていいかなと思います」と発言すると、KENNは「この未来篇で“ひとまず”終わったけど……」と“ひとまず”を強調すると「またこういう機会があればうれしいですね」と続編を期待する発言で会場を沸かせていた。(磯部正和)

映画『劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 未来篇』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 25日
  5. 人気声優・種田梨沙&茅原実里「びちゃびちゃに泣いた」と作品の出来に自信!