シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

廣瀬智紀&山田ジェームス武、禁断のBL映画『セブンデイズ』で心の距離を縮める

廣瀬智紀&山田ジェームス武、禁断のBL映画『セブンデイズ』で心の距離を縮める
同名人気ボーイズラブコミックを実写化した『セブンデイズ』先行上映&トークイベントに(左から)横井健司監督、廣瀬智紀、山田ジェームス武が来場した

 29日、東京・浜離宮朝日ホールにて、男子高校生同士の7日間の恋愛を描いたBL映画『セブンデイズ』先行上映&トークイベントが行われ、主演の廣瀬智紀、山田ジェームス武、横井健司監督らが登壇した。

 本作は、橘紅緒・原作、宝井理人・作画の同名人気ボーイズラブコミックを、映画『タクミくん』シリーズの横井監督が実写化。高校3年生の篠弓弦(山田)と、弓道部の後輩・芹生冬至(廣瀬)が、1週間限定の恋人として付き合い始め、徐々にお互いの気持ちが近づいていく様を繊細かつ叙情的に描く。

 今回の撮影で初顔合わせだったという廣瀬と山田。初対面の時は、ただあいさつをしただけで、「こういう作品て、演者ふたりのリアルな距離感が縮まってこないと、画面にもそれが出てしまう。だから最初、このふたりは大丈夫かなと思った」と横井監督。だが山田は「僕のおでこにニキビができてたんですけど、現場に入ったら、こいつ(廣瀬)、僕のこと拝むんですよ」と撮影時のエピソードを披露。監督の心配をよそに、ふたりの距離は着実に縮まっていたようだ。

横井健司監督、廣瀬智紀、山田ジェームス武が来場した
監督の心配をよそにふたりの関係は確実に縮まっていたようだ

 ほかに、ふたりがラーメン店のカウンターで並んで座っているシーンでは、廣瀬はスープだけだったのに対し、山田は7杯もラーメンを食べていたなど、爆笑裏話も。しかし最後は、山田が「ボーイズラブを扱っていますが、恋愛には、男女関係なく変わらない部分がある。それを出せた共感できる作品になった」というと、「いろいろな人に届いてほしいという思いで撮りました」と廣瀬も真面目な表情で、作品に込めた情熱を静かに語っていた。(取材・文:藤井郁)

映画『セブンデイズ MONDAY→THURSDAY』は6月6日より、『セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY』は7月4日より池袋HUMAX シネマズほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 29日
  5. 廣瀬智紀&山田ジェームス武、禁断のBL映画『セブンデイズ』で心の距離を縮める