シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

しんちゃん、現実でもメキシコに引っ越し!現地の子供たちや声優と交流!

しんちゃん、現実でもメキシコに引っ越し!現地の子供たちや声優と交流!
しんのすけ、ガチでメキシコに行っていた! - (C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2015

 『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』で、シリーズ史上“初めて”住み慣れた春日部の街からメキシコへと引っ越しする野原一家。映画の公開を記念して、現実の世界でもしんちゃんこと主人公の野原しんのすけが、メキシコに向かっていたことが明らかになった。

 春日部市役所や在日メキシコ大使館に、転出届やVISA申請書を提出し、初日舞台あいさつ時には、ちゃっかりパスポートの取得を終えて登場するなど、映画を飛び出してリアルでも着々と引っ越しの準備を進めていたしんのすけ。そしてこのたび外務省やメキシコ・日本の両国大使館の協力を得て、メキシコに上陸。日本メキシコ学院でメキシコプレミア上映会を実施し、日本国大使館を訪問して在留届を提出し、現地でしんのすけの声を担当しているトレス・ラウラと対面を果たすなどメキシコを満喫した。

メキシコ
日本メキシコ学院の生徒&保護者たちと - (C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2015

 学院の教室に入った途端、生徒たちが声を上げしんのすけに駆け寄るなど、国境を越えた人気を見せ付けたしんのすけ。プレミア上映会では、学院の日本人コースに所属する生徒と保護者を合わせた約200名が参加し、上映中何度も拍手が起こるほど大盛り上がり。さらに上映会終了後に訪れた在メキシコ日本国大使館では、現地メディア計9媒体が取材に駆け付ける中、駐メキシコ日本国大使の山田彰さんから“日本とメキシコの交流アミ~ゴ”に任命されていた。

メキシコ
現地ではアニメは2014年11月から放送中! - トレス・ラウラ&しんのすけ&山田彰大使 - (C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2015

 任命式後、「ずいぶん前からしんちゃんのアニメや漫画を見ていたので、メキシコで会えるなんて非常にうれしく思いました」と喜びを見せた山田大使。400年以上にわたる長い友好の歴史を持つ日本とメキシコの関係について、「最近は日本から多くの企業が進出しています。ですが、まだまだ日本人がメキシコについて知らないことも多く、逆もそうだと思います」と述べつつ、「しんちゃんがメキシコに来ることをきっかけに、日本の人がよりメキシコのことを知ってもらうことができれば幸いです。(メキシコへの引っ越しを)春日部の人はずいぶん残念がっていると思いますが…しんちゃんもいずれ日本に帰る時が来るでしょう。その時はメキシコのいい思い出を持ち帰り、日本でその話をしてほしいです」としんのすけに熱い思いを託していた。

 『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』は公開10日間で興行収入7億6,800万円、観客動員65万人を突破。台湾、韓国、タイでの公開も決定している。(編集部・井本早紀)

『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 29日
  5. しんちゃん、現実でもメキシコに引っ越し!現地の子供たちや声優と交流!