シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

5月25日が「ターミネーターの日」に認定!シュワちゃんもご満悦

5月25日が「ターミネーターの日」に認定!シュワちゃんもご満悦
満面の笑みを浮かべるシュワちゃん - (C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

 アーノルド・シュワルツェネッガー主演の大ヒットSFアクション映画『ターミネーター』シリーズの第1作がちょうど30年前となる1985年5月25日に公開されたことを記念して、日本記念日協会によって5月25日が「ターミネーターの日」として認定されたことがわかった。

 シリーズ最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』で、『ターミネーター3』以来およそ12年ぶりに T-800役として復帰を果たすシュワルツェネッガーは先月、アメリカ・ロサンゼルスで同作の取材を受けていた際に、「アーノルド・シュワルツェネッガー殿」と明記された記念日登録証を笑顔で受け取り、自身の再演について「素晴らしいサプライズだね。30年もたってから、同じ俳優に同じ役で出演オファーがかかるなんて、ものすごく稀なことなんだ。とても光栄に感じたよ」とうれしそうに語った。

 今回認定された5月25日の「ターミネーターの日」当日には、新宿で特別ゲストを招いての30周年記念イベントを予定しており、約3メートルの巨大シュワ型ターミネーターもお披露目されるという。

 過去シリーズにおけるタイムラインを全てリセットし、第1作で人類抵抗軍の指導者ジョン・コナーの母サラを殺すために未来から送り込まれてきた殺人アンドロイドT-800を、年老いたT-800が迎え撃つという衝撃的な展開で幕を開けるシリーズ最新作。シュワルツェネッガー本人も「昔の自分を見るなんて夢みたいだ」と驚きを見せたように、過去と未来の時空を超えて繰り広げられる新旧ターミネーターの対決シーンは大きな見どころとなりそうだ。(編集部・石神恵美子)

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は7月11日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • サラクロのパクリが多いジェニシス(ジェネシス) from ターミネーター サラ コナー クロニクルズは日本人が救おう! (2015年5月16日 3時45分)
    サラ・コナー・クロニクルズで見たことあるようなパクリ・シーンが多いのが気になる「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」。そもそも当初発表された『ターミネーター: ジェネシス』 (Terminator: Genesis)というタイトルからして、創世記ベースのサラ・コナー・クロニクルズのパクリ臭プンプンであったが、それが批判を浴びたのか、数ヶ月後には『ターミネーター・ジェニシス』 (Terminator Genisys) と造語スペルに変えたようだ。 タイトルや脚本だけかと思いきや、実際の映画内のシーンも、タ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 8日
  5. 5月25日が「ターミネーターの日」に認定!シュワちゃんもご満悦