シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

尾野真千子、娘を虐待する母親役でも現場では和気あいあい!らせん階段で『アナ雪』熱唱

尾野真千子、娘を虐待する母親役でも現場では和気あいあい!らせん階段で『アナ雪』熱唱
『きみはいい子』プレミア試写会が行われ尾野真千子(右)、高良健吾が出席した

 女優の尾野真千子が7日、都内で行われた、映画『きみはいい子』プレミア試写会に、高良健吾と共に出席。娘を虐待する母親を演じる尾野だが、撮影現場の雰囲気は良かったそうで、「らせん階段で『アナ雪』をやりました。レリゴーっていって」と実際に歌ってみるなど、楽しげに撮影エピソードを披露した。

 『そこのみにて光輝く』で数々の映画賞を受賞した呉美保監督がメガホンをとった本作は、子供と大人をめぐる現代社会の様々な問題を盛り込みながら、人と人とのつながりから生まれるささやかな幸せを描いた、希望と再生の物語。

 撮影は北海道・小樽で行われたそうだが、尾野は「ほとんど小樽を感じない撮影でした。カニとか土地の有名なものが出てきたり、よくありますよね? うん、ない」とがっくり。また、撮影時の苦労にも言及。尾野は「厳しいシーンは叩いていません!」と断言。しかし、虐待しているように見せるため、「(カメラに対して)後ろ向きで(娘役の三宅)希空ちゃんの体にわたしの手を置いて、見えないように手を叩きました。それか、助監督の足とかを(カメラに映らないように)置いてもらって叩く。みんなで一丸となって撮影しました」と力説。「トラウマになってもらいたくないので、娘に手をあげるシーンの時は1カットが終わるたびにハグをぎゅーっとしました」と子役への配慮についても語った。

尾野真千子
厳しいシーンでの子役への配慮なども明かした

 一方、問題に正面から向き合えない新米の小学校教師役を演じた高良は、「先生役をやるって言った時、いろんな役者さんから『子供は化け物だよ。大変だよ』と聞いて不安だった」と吐露。しかし、「子供たちと素直に向き合っていたら、ただただ楽しかった」と振り返り、役者人生10年目の節目に本作に携われることを心から喜んだ。

 抱きしめることの大切さを描いた本作にちなみ、最近の“ハグ”エピソードを聞かれると、「(故郷の)奈良から帰るとき、母親と『またね』って言ってハグすることを何年も続けています。なぜかここ1年は父親ともやっています。急にきましてね。寂しくなってきたのかな?」と尾野。一方の高良は、「男友達と(別れ際に)普通にやっています」と明かしたが、尾野家族の仲良しエピソードが羨ましく思えたのか、「自分も親にしてみよう」と思わずこぼしていた。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『きみはいい子』は6月27日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 6月
  4. 7日
  5. 尾野真千子、娘を虐待する母親役でも現場では和気あいあい!らせん階段で『アナ雪』熱唱