シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ドラゴンボール」新テレビシリーズ、闘う相手は第6宇宙!悟空役・野沢雅子もびっくり

「ドラゴンボール」新テレビシリーズ、闘う相手は第6宇宙!悟空役・野沢雅子もびっくり
「ドラゴンボール」新テレビシリーズの内容がちょっとだけ明らかに! - ケンドーコバヤシ、野沢雅子、グッドモーニングアメリカ

 声優の野沢雅子が1日、都内で行われたアニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」完成披露試写会に出席した。1986年に始まった最初のアニメシリーズから今日まで、主人公・孫悟空の声を演じてきた野沢は、新シリーズのスタートに喜びもひとしお。「どういう展開になるかわからない。皆さんと同じように楽しみながら、1話1話を進んでいきたい」と声を弾ませた。

 本作は、1984年に週刊少年ジャンプで連載を開始し、単行本・完全版が全世界で2億3,000万部を超える発行部数を記録した国民的漫画「ドラゴンボール」のテレビアニメ新シリーズ。原作者・鳥山明が原案を手掛け、主人公の孫悟空が魔人ブウとの壮絶な戦いを制した後、破壊神ビルスや宇宙の帝王フリーザの復活、地球の周辺で星々が消える異変など、新たな脅威に立ち向かう姿が描かれる。

 衰えることない人気を博し、これまでアニメ、映画、ゲームなどさまざまなメディアミックス展開をしてきた「ドラゴンボール」だが、野沢は「まさか(テレビアニメ)シリーズが始まるなんてゆめゆめ思っていない」と胸中を明かすと、「最高ですよ。天まで飛び上がるくらいうれしい」とにっこり。「おら最高だぜ、みんなの前で暴れられるんでな!」と悟空の声で喜んだ。また、鳥山からコメントも届けられ、その中で本作が「闘う相手は第6宇宙」「巨大な超ドラゴンボールをめぐる物語」だと明かされると、「全然知りませんでした。びっくりしました」と主演声優ながら知られざる内容に目を丸くしていた。

 約30年にわたって悟空の声を務めている野沢は、「自分自身が悟空だと思っている。一体化している」としみじみ。悟空のほか、息子の悟飯、悟天の声も務めており、時には三人が一画面にそろうこともあるが、特に役づくりをしなくても「(アフレコ時に)画を見たら、スパッと切り替わる」とベテラン声優としての才、さらに役への愛着を感じさせるコメントを残した。

 この日は、本作に登場するヤジロベーにふんしたケンドーコバヤシ、エンディング曲「ハローハローハロー」を歌うグッドモーニングアメリカ(たなしん、渡邊幸一、金廣真悟、ペギ)も出席。たなしんは完成度の高いフリーザのコスプレ姿で登場し、会場を沸かせた。

アニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」(毎週日曜午前9時~9時30分)は7月5日よりフジテレビ系でスタート 地域により放送開始日、放送開始時間・曜日が異なる ※一部地域を除く


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 1日
  5. 「ドラゴンボール」新テレビシリーズ、闘う相手は第6宇宙!悟空役・野沢雅子もびっくり