シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

シュワちゃん来日!『ターミネーター』新作引っ提げ「日本大好き」

シュワちゃん来日!『ターミネーター』新作引っ提げ「日本大好き」
16度目の来日を果たしご機嫌な表情を見せたアーノルド・シュワルツェネッガー

 映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のプロモーションのため、1年7か月ぶり、16度目の来日を果たしたアーノルド・シュワルツェネッガーが5日、ヒロインのエミリア・クラーク(サラ・コナー役)を伴って都内で合同記者会見を行った。アーノルドは会見場にリラックスした様子で現れると「また日本に戻って来れて大変うれしく思います」とご機嫌な表情を見せた。

 「日本には何度も伺っておりますが、来日するたびに日本のファンはいつもわたしに忠実で温かいにサポートをしてくれ、おかげさまでわたしの映画は日本でもたくさんNo.1になりました。これはすべてファンの皆様のおかげです」とアーノルド。「日本に来るたびにわたしの仕事は全部成功を収めているわけです。本当にわたしは日本が大好きです。I LOVE JAPAN」と日本のファンへ感謝のメッセージ。

エミリア&シュワルツェネッガー
サラ・コナー役のエミリア・クラーク(左)も出席

 12年ぶりの本シリーズ復帰も、衰えのない肉体美を披露していることについて「今も毎日トレーニングは欠かしていません。旅行中もどこに泊まっても朝の5時半、皆さんは寝ていらっしゃるでしょうけど、わたしはちゃんと起きてホテルのジムで1時間半みっちりとトレーニングをするのです」と明かし、「今回も撮影が始まりますと、ウエイトリフトを2倍の重さにしました。シリーズ1作目に近づけるよう、監督からは『10パウンド体重を上げろ』と言われていたのでさらに過酷なトレーニングにも挑戦しました」とにっこり。

 エミリアは今回初来日だったが日本の印象について「とっても素敵な滞在をしております。来てみると日本はわたしの想像以上の素晴らしい国でした」と述べると、本作では未経験だったというアクションや肉体トレーニングに果敢に挑戦したエピソードを披露。「この役を演じることで、アーノルドに『いい仕事をしたね』と言われるのが目的だった。なんとか達成できたと思います」と笑顔を見せていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は7月11日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 5日
  5. シュワちゃん来日!『ターミネーター』新作引っ提げ「日本大好き」